2016年11月16日

パイロットDr.GRIP4+1のシャープペンシルの芯が出てこない時

まぁ、ちょっと途方に暮れてた訳なんですが。

三色ボールペンを買おうと思って書店の文具コーナーを
パイロットの「フィードリフテック」を探して。
うろうろしていました。

でも、今、パイロットのウリはコレじゃないんですね。
店頭に全然ない。💤
パイロットのホームページにはフツーに載っているので
無い訳はないんですが、あんまり売れないのかなー。

個人的にパイロットの筆記用具が自分に合っているようなので
(適度な重さが理由かも・・)
パイロットの多色ボールペンを物色。


そこで、パイロットDr.GRIP4+1ってのを買ってみました。
「アクロインキ」というのがウリだそうで、
書いた感じでは、極端な性格でもなさそうなので問題ないかと。

シャープの芯がどのように出てくるのか、
店頭では理解できていませんでしたが。

ウチに帰ってから、シャープの芯を出そうと思って。
クリップをスライドさせてみた。
(まぁ、ここまではできました)

で、・・・・?

この後がわかりません。
「シャープはクリップをスライドさせノックすると芯が出ます」

このとき、どこをノックすれば良いか解らなくなってました。
主語がクリップだから、ノックするのもクリップなんでしょ?
あれ?クリップは目的語?
とか、言われそうですが。

でも、まぁ、その前にボールペンがセロハンで保護されているのに
気付き(さすが、高いボールペンは違うと感心)
パイロットのPDFを確認して、真相を理解しました。

しかぁし、やっぱり出てこない。

そのとき、これが自由に試し書きできるところに置いてあることを
思い出しました。

「もしかして、試して、芯詰まらせてるんじゃ・・」

ちっちっち。僕だって、
だてに長く生きてはいませんよ(えばれることじゃないが)

シャープペンシルの芯づまりなら、シャープペンシルに
付いている金属棒が使えるハズ・・・

着眼点は良かったのですが、
時は無情にも流れているのです。

今時のシャープペンシルには、そんなもの
一切ついていないのでした。

「昔は、良かった」


などと、言っていても解決しないので
ソーイングセットを取り出し、グリグリ攻撃です。

かなり、突っ込んでがちゃがちゃやっているうちに、
ノック動作を取り戻し、中の折れた芯がちょっとづつ
出てきました。

勝利の手応え。

「ありがとう、ソーイングセット」
と、一度も本来の仕事をさせていない
ソーイングセットに感謝をして、

これだけ時間を掛けて、シャープペンシルの
芯が出てきただけ・・という結果に。

気付く


banner_03.gifシャープの出来はどうなんでしょう。



posted by ろびんいちごー at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 先端技術・新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

アルミアイスクリームスプーンでアイスを溶かしながら食べるという食べ方

体熱伝導を使ってだそうな。

札幌駅北口から出ていくとある、

札幌市民でも
知っているひとは知っている
知らないひとは全然知らない

宝石とか、石とか、メガネとか、時計とか、野菜とか・・
ナゾの品揃えの 瑞宝舎 
というところにちょくちょく行っているわけですが

そこにコップを買いに行ったときのこと。

アイスクリームスプーンが売ってまして
「おっ、体熱伝導がなんちゃらかんちゃらのやつだ」
と、迂闊にも反応してしまい、まったく必要がないのに
買う気もなかったのに
買ってしまいました。

意外に、
自分に「衝動買い気質」があることを発見して
衝撃を受けている今日このごろ。

あ、その後、スプーンを買った以上
アイスクリーム五個パック
買いました。
やっぱり検証するなら、「MOW(モウ)」「白くま 」などですね
※買った白くまが本家か亜流かは、定かでは有りませぬ

ちなみに、作っているのは、金物と言えばやっぱりの
「新潟県燕市」の遠藤産商というところの
「アルミアイスクリームスプーン レッド」


形が、フツーのスプーン型ではなく、
すくいやすくするため、先が斜めカットされているのが
ミソらしいです。

使ってみた感想ですが・・・

それほど、劇的と言うほどでもないんですが
普段使いの鉄のスプーンより若干溶けやすいかなという
感じでよろしいですか?

ま、形状の効果で、すくいやすいのは本当です。

ちなみに体熱伝導っつーことは、手もしっかり冷える💦
ということですね。

どうなんでしょう。
手が冷えて困るひとは、よくある木でできたスプーンを
使ったほうが良いのでは?と思ったり。
当たり前かもしれませんが。


banner_03.gifいや、ま、今後も使いますけど。



posted by ろびんいちごー at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 妙なモノ・不思議なモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

村上春樹氏のノーベル文学賞騒ぎは電通PRの戦略十訓「きっかけを投じろ」を実践してるだけなんじゃないかって

毎回、ノーベル文学賞を取るんじゃないかって
盛り上げようとしていますが

これは、何なんですかね?

そもそも、現在のノーベル文学賞の有力候補って
実は、分かっていないそうですよ。
wikiを見る限り。

ってことは、
 勝手に推測して
  有力候補に違いないと判断して
   何故取れないんだぁー

と、飽きずにやっているってことに💤

いや〜、勝手に身内だけで愉しむ分には、良いと思いますが。

自称、公共放送であるNHKも、
この流れに乗っかっちゃってるのは
どうなのかと。

こういうのを、
「空騒ぎ」
っていうんでしょうね。


そのそも、巷に、村上春樹押し👊
そんなに存在してるんでしょうか?

そこまで、文学的に斬新だったり
 素晴らしかったり、
  インパクトがあったりしたのかと・・
   疑問を持つわけですが。


さて、電通PRというところが「戦略十訓」というものを
かつて提唱したそうです。

そこに
「きっかけを投じろ」
というのがあります。

マスコミが騒ぐ⇒興味を持つ⇒書店に買いに行く

もしかして、コレを狙ってる?

いっそのこと、ライトノベルを書いている著者が
最初に取ってしまえば、
静かになっていいと思ったりします。

例えば、
「涼宮ハルヒの憂鬱」の谷川流(氏)とか。

ボブ・ディランが受賞して
今までの、古い考え方を基にした予想が
通用しないことが判ったと思うんですけどね。


ところで、ところで、

電通には「鬼十則」というのもありまして、
「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。」

というのが、あるそうで。






banner_03.gif色々とやり過ぎだよな・・と思う



posted by ろびんいちごー at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

価格2030円のカシオの腕時計とはどんなものか

あるところに、お子ちゃまがおってな。
「財布なくした〜」
「なにぃ〜」

などと、ものをなくしてばかりだったそうな。

ある時、

「腕時計なくしたぁ」
「うわちゃ〜」

と、BABY-Gもなくしてしまい
「買っても、また無くすかも」💦

などと、言っている始末。


仕方ないので、徹底的になくしても惜しくない
値段の時計を探すことに。

探すと、ちょろちょろとあるにはあるんですが、
耐久性にがあったり、製品として既に問題があるものも
出廻っているようで・・。

さんざん、色々なところを見た挙句

CASIO 腕時計 SPORTS GEAR スポーツギア W-734J-2AJF


これにすることに。

まず、値段が良心的なこと。
 西暦が4桁表示されるなど、僕のG-SHOCKより文字盤が見やすい。
  実は、10BARなどなど。


で、届いたものをみると、

ケースが思ったより大きい
文字盤は、やはり見やすい
バンドは、ほとんどの人が余るぐらい長い
表面に結構傷が付く(ここはG-SHOCKと違うところ)
耐衝撃性は無い(ここもG-SHOCKと違うところ)

でもねぇ。

販売価格¥2,030

だからなー。

壊れても、
 また、
  すぐ買えるなーと思っちゃいます。

オシアナスでは、こーゆー考えはできませんけど。


banner_03.gifいいか悪いかを問われれば、そりゃこの値段ですよ。良いに決まっているじゃないですか。とか、言っちゃいそうな・・。



posted by ろびんいちごー at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 先端技術・新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

5000Kの日星工業 POLARG(ポラーグ) P2911W を今のインプレッサのポジションランプと入れ替える

今まで、入れていたのは6700KのPHILIPS製。

つくりは、全然問題ないのですが、
純正HIDのケルビン数が極端に低いらしく、色が合わない。

HIDが点灯して、しばらくして安定してくると・・
何ていうか、ポジションが白過ぎて、HIDがハロゲン球💡
色に見えてしまうくらい。

実用性を考えたら、別に問題無いわけですよ。
つまり、HIDの色の見え方は、目の錯覚ってことになるわけだし。

でも、ネットの色々なランプを見て廻り、
気がついたら(そんなわきゃない)買ってました。
思い切って、5000Kまで下げて。




この日星工業。小糸製作所と取引があるらしく、
品質の点でも問題ないかと。
製品名はポラーグ「POLARG」ポジション・ルーム・ライセンスランプ P2911W だそうです。

製品の写真は撮っていないですけど、
カッチリしている感じで、ちゃんとつくられている感じ。

スバルから、前回割っちまった💤
バンパーを留めているクリップも多めに購入していたし
(値段安いしね)

もう、気分的には余裕のよっちゃん(昭和だなぁ)って感じで
作業っす。



ちなみに、今回の極性占い。

百発百中で、冴え渡りました。

というか、右側「赤」、左側「赤/白(?覚えてない)」にして
ランプの表側と思われる面を見えるようにして入れると
だいたい、成功するような気がします。

昼間見ると、今付けているランプより、更に明るい。

で、この時、初めて分かったんですが、

「キー挿せば、照明ってつけれるのね」

いや〜、スバル車って、エンジン掛けなきゃ
ライト付かないって、勝手に思ってましたわ。
(今みたら、取説にちゃんと書いてあります)

で、お楽しみは夜ですよ〜。

ポジションランプ、やっぱり強烈に白い。

でも、HIDもなかなか頑張って
白く見える。

なんだろうな。
上手く言えませんが、「淡い白」って感じですかね。

落とし所としては、まずまずってとこで。
人間の眼って、けっこー、相対的に色を見てるのな。

となると、純正のケルビン数って、一体どれくらいなんだろう?


banner_03.gifHIDを入れ替える時も、よ〜っく検討せねば


posted by ろびんいちごー at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

スバルでもらった、アルミタンブラーが予想外に出来が良くて得した気分になったハナシ

久々に、スバルに出掛けました。
部品を買いに。

用事が終わって、
暑いので、試乗をする気にもならず
とっとと帰ろうとしていると
営業さんが・・・。

手元にあるのは、BRZのアルミタンブラー。

「あっ。そうなんだ今はそんなキャンペーンやってるんだ」
と初めて知った次第。

折角なので、もらって帰りました。

よーし、これは上質そうなコップだから

うがい用だっ

となりまして、
いままでのステンレス製のうがい用のコップの
代わりに使ってみたんですが。

いいんですよ、これが。

口への当たり具合
 底の適度なカーブが汚れをつきにくくしている予感
  持った感じ

でも、でかいけど。

つくっているのは、中国製(やっぱりな)
取り扱っているのは、高島屋(おおぅ)

てな訳で、スバルの粗品も
キメてくる時は、きめてくるのです。



banner_03.gifいいものは、いい。悪いのものは、わるい。そんなセリフがありました。


posted by ろびんいちごー at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

2014年に2年後に期待できるとされた高橋・松友 バドミントンペア

2014年の時点では世界ランキング3位だったようです。

高橋選手はバランスがよいタイプ。
松友選手はトリッキーなタイプ。

二年後に期待大。

 こんなんでましたけど

リップ・サービスもあるかもしれませんが、
これ、面白いなぁ。

https://www.youtube.com/watch?v=jQVwtgIQAaI



banner_03.gif信じるか信じないかはアナタ次第

posted by ろびんいちごー at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

インプレッサのポジションランプをPHILIPSエクストリームアルティノンLEDT10 6700K 50lmに替えてみた訳ですが

ナンバープレート灯を35lmのものに替えてみて、
極端に存在を主張することもなく、丁度いい白色光具合だったもので。

ポジションもちょっと多めの50lmにしてみました。

で、取扱説明書に従って、
ハンドルを目一杯反対側に回して、エンジンを止め、
クリップを一本、二本と・・・はず・・

一本、クリップが裂けて、死亡となりました。

取説の「クリップが破損した場合は、新品と交換してください。」
の文言が、思い切り気になっていましたが、
やはりかー

ちなみに、反対側も、同じ所のクリップが死亡してしまいました。
へっへっへ>(ちょっと、ヤケ気味)

他の二本は柔軟性のある素敵な材質なのに、
これだけ、パキパキとして、折れるために存在しているような・・
(言い過ぎかもしれないけど)

「整備のひとも、実は折ってるんでしょ?ホントは?」
などと、開き直りつつ、この材質をちょっと恨んだ午後。

マッドガードをめくってから、
「簡単簡単・・」と手をかけていたのは、フォグランプ。

「おおっと、こいつは罠にハマるぜ」などと呟きながら
(誰なんだ・・)
ポジションランプを探り当て、
キツキツだけどちゃんとハマりました。
今回は2分の1(川本真琴の歌ではない)の確率を
見事にモノにし、極性も完璧。
幸先のいいスタート。右側の交換は。

でも、左側、キツかったねー。

よく見えない
 手が引っ掛かる
  余計なケーブルがある。

なんか、スバルは左側が何かと、面倒な気が昔っから
するのですが、気のせいですかな。

昼間は、とりあえず点灯することだけを確認し
一旦完了。


お楽しみは、夜ですがな。

点灯当初は、いい感じ。
ポジション、ヘッドランプともに色が揃っている感じ。

しか〜し、ヘッドランプが点灯してから安定して色が
変わってくると、
「ありゃりゃ⤵」

ポジションの方が、より白く見え、
「ヘッドランプの色が、ハロゲン球の色のようにみえる」

ポジションを替える以前はヘッドランプの色が
あんなに白く見えたのに・・・。

という訳で、純正ヘッドランプの色と合わせるなら
6700Kは、無理がありますな。

純正に合わせるなら、かなり、下げてもいいかもしれませぬ。


banner_03.gifT10流用検討ちゅー


posted by ろびんいちごー at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

コンパクトなアンプALPINE KTP-445UJをやっと導入。DVA-9965Jとつないでインプレッサのグローブボックスに設置完了

音楽のない車内にすっかり慣れて、数ヶ月。

個人的には、音楽が奏でられていなくても
全然平気となりましたが、子供の「いつ直るの?」攻撃が
続くため、壊れているアンプを交換することにしました

まずは、今まで使っていたAPA-1200の撤去です。
バッテリーやらスピーカーケーブルやらで
運転席の下はぐっちゃぐちゃ

撤去により、とてもすっきり空間となりました。
あるのは、ヘッドユニットの電源ユニットのみ。

思えば、運転席の下は、アンプには過酷だったかもしれません。
蹴られたり、湿気を帯びたり・・。

バッ直のコードのみ活かして、おニューのアンプを接続します。
久々にオーディオパネルを外そうとして、
どっから外していいか忘れている自分を発見💤

奥の方からこじって、手前に引っ張るだった。
 そうすると、ハザードと空調のコードが居ると。
  そうだった。そうだった。

開くと、やっぱり、コードがぐっちゃぐちゃ
必要ないものを外していき、接続せつぞく

応急処置っぽいできあがりで、
暗くなった🌙ギリギリ位で配線完了。

しかし、そのあと、電源を入れてみたら音が鳴らず・・🔚

ヘッドユニットからリモート信号を取り出さず、
何も信号が来ていない車輌ハーネスのケーブルと
アンプをつないでいた事に、後で気付きましたが、
それは、内緒です。

モウロクしたなぁ。

二度目に開いた時に、RCAケーブル、アンプの接続ケーブルを
秘技!ケーブル落とし(ケーブルを奥に追いやるだけですがね)
をしたので、グローブボックスの中も、わりとすっきり。
alpineamp_in_box.jpg

でも、中にモノを入れるなら、最低限
ケーブルをコルゲートチューブで保護しないと無理かも。

で、電源を入れると、やけに平板な音が・・。

といっても、スピーカーは電源を入れず何ヶ月も放っておいたし
パラメトリックイコライザの設定が全クリアされていたためで
アンプのせいではありません。

その証拠に、今まで、イマイチだった、FMラジオの音が
かなりよぉくなっています。

パラメトリックイコライザで、低音域と高音域に少し盛って
聴きたいところも、ピンポイントで盛ったお手軽チューニングでも
「いい音風」オーディオになりました。

今回使ったコレには

今までのバッ直配線を流用してるのと、
RCAケーブルもお気に入りの
ナビック(NAVC) 24Kメッキ仕様 RCAオーディオケーブル
を使用していますが、
殆どの場合、アンプに付属する部品で配線が完了でき
ると思われます。

まさに、
 時代はお手軽チューニング
  ですね。



さてさて、これから本気のちゅーにんぐ。


banner_03.gifもちろん、グローブボックスに収まるこの大きさがセールスポイントなのは言うまでもな


posted by ろびんいちごー at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

PHILIPSエクストリームアルティノンLEDT10をインプレッサのライセンスランプに使ってみる

商品名長すぎじゃないですか?

コレ以降に360°とか6700K等と続くわけですが、
コレも商品名の一部なんだろうか。


てな訳で、35ルーメンと適度な明るさ白色とのことなので
付けてみました。

ちょい大きいという噂も聞いていましたので、
入らなかったらどうしよう・・・💦
と思いつつも、その時は、ポジションランプに転用しよっと。

左がPHILIPS、右が純正球。
comp_led.jpg

明らかに、純正球よりでかい

でも、入りました。
どこかに、引っ掛かりもせず。
上手くいっているはず。・・・と思いたい。

ちなみに、写真に写っているのは、これ


ライセンスランプのカバーを開ける時は、
右側に内張り外しなんかを
差し込んで、左側にちょいと動かすと外れる仕組みのようです。

左側に動かすのがポイントじゃなくて
右側に差入れるのがポイントらしい。

取扱説明書には、右側に指を入れるようなことを
書いていましたが、

僕にはできないですね。
「自分、不器用ですからっ」

このLEDは、穏やかな白色光で、強力な主張もないので
使いやすいと思います。

ちなみに、経験上、直接素手で球を触ると寿命が
極端に短くなる傾向があると思っているので
今回手袋をつけて作業です。

さて、久しぶりに画像を載っけてみました。

そのとき、分かったのですが、
画像のプロパティを触ろうとすると
Windowsには「COM Surrogate」問題というのが
ず〜っと、あるようですね。

けっこー簡単に直せそうな問題も
放っておく傾向がWindowsには、ありますねぇ。

この問題といい、
「スタート」の左クリックができなくなる事象といい、
ちょっと、仕事っぷりが雑なのでは?

と、最後、苦言になっちゃったりする。


banner_03.gif「スタート」左クリックの件はすでに二回経験済み


posted by ろびんいちごー at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする