2006年11月01日

寒空の下でデッドニング

まえから、クルマの修理した方のドアが気になっていて・・
なんせ、ドアのビニールを外して制振材を
貼った後に修理に出したもんだから
ドアの鉄板は今どうなっているんだろー
・・と。

板金屋さんがサービスホールを塞いでくれるわけないし・・


で、今回冬になる前に内装を外して鉄板をみてみました。
おー、サービスホールが、そのまんま、ぽっかりあせあせ(飛び散る汗)
開いているではありませんか。

こりゃ、まずいだろーっ

と制振材を買いに子供とふたりで走りました。

【在庫あり!代引き手数料コミ】超・制振シート レアルシルト8枚入り話題のREAL SCHILD(RSDB-0...
ほんとーはレアルシルトが欲しかったんですが
こーんな季節外れでは店頭で売っているはずも無く。

エーモン 制振シート(中)
定番のエーモン製になりました。

かなり、寒かったんですが、こんな状態でも綺麗に
張り付いてくれるのは、やはり楽でよいですね。ふくろ
ま、喜んでる余裕はまったくありませんでしたが・・

内張りを嵌め込む穴以外は全部塞ぎました。

よし、これで安心して年を越せるぞ。雪



banner_03.gif寒すぎる



posted by ろびんいちごー at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

瞬間日記〜アルパインの新製品にWindows Automotive5.0が搭載されたらしいが

最近になって、 アルパインに行って初めて気付いた訳なんですが。

最初の感想は「大丈夫なの?」「ほんとーに使えるものなの?」だったりします。
・・が、
検索をかけてみても、ネガティブな書き込みがない。

起動にあーんなに時間がかかったり、冷えて動かなくなったりバッド(下向き矢印)
することはないのでしょう。
Automotive 5.0 は自動車メーカーと車載情報端末メーカーを対象にした・・

『Windows Automotive は組み込みリアルタイム OS であり、システム起動やアプリケーション反応時間を限界まで短縮出来るように設計されています。』
とかかれてますよー。

『アルパインでは、2002年以降開発のOEMメーカー様向けの一部ナビゲーションシステム以降、ほとんどのモデルでマイクロソフトのソフトウェアプラットフォームを採用しています。』
とアルパインのページでかかれていることから
意外と手馴れているのかもしれません。

『Windows Automotive 5.0は車載情報端末向けにさらなる高品質と高信頼性を追求したソフトウェアプラットフォームです。マイクロソフト本社との共同体制のもと、革新的な日本の車載情報端末のテクノロジーに対応するために、日本の開発部門が主導となり開発されました。』
とのことなので、大味なインタフェースにはなっていないでしょう(と思いたい)。

製品の売りは、もしかしてこれなのかも・・
『EUPHONY』
『(株)ダイマジックとアルパインで共同開発した、あらゆる車内環境で高品位なサラウンド環境を実現させるシステムとして、日本の航空業界でも採用されている新世代の音響効果。スピーカーに張り付いたようなこれまでの不安定な音像とは異なり、音楽ジャンルを問わず、明瞭な音像を再現。』

ここはちょっと興味ひきますが。モバQ

でも、実力的には未知数な部分が多すぎますなぁ。




banner_03.gif完璧を期待するのは無理なんだけどね・・


posted by ろびんいちごー at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

瞬間日記〜タクシー車両に希望すること

道を歩いていたら、タクシーが後輪をきゅるきゅる
させて(空転させて)走っていました。

回っているのは、後輪の片側だけです。あせあせ(飛び散る汗)

タクシーは何故FRにこだわっているのでしょうか。
こちらでも専用車両、COMFORTとCREWが
頑張っているわけですが・・・
雪と氷に弱すぎです。

商用バンが圧倒的に4WD化している今でも
タクシーがFRでいる理由が良くわかりません。

燃費か、車両コストのせいとは思いますけどね。
あれじゃ、冬の燃費はかえってガタ落ちです。眠い(睡眠)

てなわけで、4WD化と、ついでにアイドリングストップ
機能の付加はタクシーへ。
ま、アイドリングストップするにはバッテリーメーターも
必須となりますが。

はい、どうぞ
融雪剤・凍結防止剤・雪道一番【錆びどめタイプ】 この冬滑って危険です。安全対策を!環境に...

屋根強度:91.8kgf/平米
雪下ろし目安:30cm
耐風圧:34m/s相当・・普通の気候なら大丈夫ですが
トステムカーポート レグナスポートシグマ 2台タイプ(縦連棟) 熱線吸収ポリカーボネート屋...


banner_03.gifツルツル路面が出現する理由の一部がわかったような気がする

posted by ろびんいちごー at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月12日

瞬間日記〜晴れ時々雪のち穴に落ちる

道路をクルマで走っていて穴に落ちてしまいました。
気をつけていたのに・・


といっても落とし穴が道路にあるわけではありません。
道路には雪がどんどん積もっていきますが、
マンホールの上の雪は無くなってしまい、
その高低差何十センチとなり・・。
ちょっと幹線道路を外れると、そんな罠が。あせあせ(飛び散る汗)

落ちたとき、ダンパーのストロークを使い切ってしまい、
バンプストップラバーまで行ったのではないかと
がつんんと(想像だけど・・)

衝撃すごいんだよねー。爆弾

クルマ止めに軽くあてただけで、ホイールアライメントは
狂うと言われているのに。

この衝撃では、ウチのストラット。
ばらばらに、狂いまくっていることでしょう。

今度は偏光グラスで雪のデコボコに勝負だexclamation
★ドライブや釣りにおすすめ!!アックス 偏光サングラス 度付き対応 (AS660op) 「代金引換」で合...


banner_03.gif二度目だし

posted by ろびんいちごー at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

瞬間日記〜もう潤滑するだけじゃやだ

という駄々をこねている貴方に・・

日本で潤滑剤といえば・・あの潤滑剤ですが、
あの機能だけなら不足なのじゃ・・というひとも
きっといるはず。

なぜなら、あれは少しの間「潤滑」するだけだからですね。
溶剤が蒸発したら・・ありゃりゃ。

「潤滑」状態を維持したいよー。という欲求に答えるものが

・・あるんです。

それは
ウルト社のHHS2000。

http://www.wuerth.co.jp/02products/pdf/01-chemical.pdf

「スプレー直後は粘度が無く、高い浸透性を発揮します。」
「スプレー後、溶剤は揮発し、粘度の高い潤滑皮膜が形成されます。」

すばらしいでしょう。猫

「耐熱温度:-35℃〜+200℃」

今まで、キコキコ言っていたが、怖くて油の注せなかった
オーブン電子レンジのチョウツガイにも、使いました。
何ヶ月か前に使いましたが、いまだに開閉音は静かですよ。

実は、容器の後ろの説明には
「-35℃〜+500℃の耐熱性」と凄まじいコトが書かれているので。

もう、安心して使っちゃってください。

外国モノの掟として、容器の材質が安っぽかったり、ノズルへのストローの付け方が
わかりにくかったり・・

なーんてこと、この機能のすばらしさに比べたら、ちっちゃい、ちっちゃい。グッド(上向き矢印)
カー用品店などに売ってます。


banner_03.gifドイツのちから


posted by ろびんいちごー at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

北海道限定凍結路運転常識集などなど

あっという間に凍結路が出現してしまいました。あせあせ(飛び散る汗)
凍結路を走るのが初めてというひとがいるかもしれません。

そこで、
凍結路運転常識集などを・・・

発進は、基本的にATのAWDに乗っている限りはねー
特別、特別な事をすることもないので。

例えば、ウチの場合だとSNOWモードってのが付いていて
(多分2速発進しているのだと思う)
それを使っていれば何も苦労することはないでしょう。

困惑するのは、
直角に曲がるときと、止まるときかなー。

あくまでも、僕の場合ですが、
ブレーキのほとんどを真っ直ぐ走っている内に終わらせておいて、
自分のクルマの重さを感じるくらいまで減速したら
(なんか微妙な表現だ)
ステアリングを切り込む。

これだけです。猫
曲がりながらブレーキかけりゃいいやと思っていると
路面がよく磨かれた氷だと、横に綺麗に滑っていきます。ダッシュ(走り出すさま)

ステアリングをきっても、まったく曲がらない場合、
対処方法は次からお選びください
@ステアリングを一度戻し、もう一度きる
Aブレーキをかけてみて、曲がる力が立ち上がるか確認する
B曲がるのをあきらめて、真っ直ぐ行く眠い(睡眠)
あ、なるべく早くに判断してください。

停止は、ブレーキをABSが効くか効かないか位で
そーっと踏み込むっていう、ま、普通のやり方で。

止まるタイミングは、眼に見える範囲の全部の信号を見ながら
スピードを調節するのはもちろんですが、
歩行者用信号が今、どうなっているかで大体信号の変わり目が
予測できますよね。

これを使っちゃいましょう。歩行者分離式には使えませんが。

MTの場合、凍結路の時にサイドブレーキを戻しながら発進すると
うまくいくっていうのが(坂道発進の要領ですね)あるのです。
FFでも、なんかうまくいくんですよねー。
知人に話したら、「FFでもつかえるってのは変だろーexclamation&question」って。

いや、確かに変かもしれませんが。



banner_03.gifできちゃうんだよな

posted by ろびんいちごー at 06:46| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

寒い中、震えながら冬タイヤに交換する

雪も降り出してしまったりして、もう冬です。

冬と言えばこちらでは、タイヤ交換。
毎年繰り返される光景でして・・

今年は、隣にお子ちゃまが張り付いてますが。

「これ、なに」
「ブレーキだよ」
「これは」
「ドライブシャフトだね」
「これは」
「ダンパーとコイルばねだね」

あー、右側のブレーキが無茶苦茶綺麗だ。
悲しい思い出が・・走馬灯のように(おろろんおろろんたらーっ(汗)

パイロットプライマシーから半年寝ていた
ブリザックMZ−03に交替です。

ここで3歳児なりのビックリポイント
「ホイールに5つの穴があいてるexclamation&question
ここにおどろいたらしい・・

普段ナットで留まっているからね。
ナットはもちんトルク管理などしちょりません。
手トルクです。

懐に余裕のある方は、
【KTC工具】12.7sq.ホイールナット用トルクレンチセット送料無料&即納!
こんなのを使うと良いでしょうね。

僕も、KTCのソケットレンチセットは持ってますが・・
何と言っても、動かしたときの音がいいです。もう、これ聞くだけでもいいです。グッド(上向き矢印)
精度の高そうないい音がします。

いや、確かにあまり使ってないんですけど。バッド(下向き矢印)
たまに、思い出して動かしてみたり・・・だから新品同様です。
箱入りです。

さて、替えたタイヤは205/50R16から195/60R15になったせいか
ハンドルが軽い軽い。

とっても軽快で走りやすいです。

このあと、洗車場でタイヤとクルマを洗っていたら、べたべたの雪が
大量に降ってきました(おろろんおろろんたらーっ(汗))。


KTC・NEPROS(ネプロス)好きはこちらへどぞ

けっこー色々と遊べます。


banner_03.gif冬は塩との闘いでもあります

posted by ろびんいちごー at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

怒涛の新製品ラッシュにひとり興奮

僕は、いまちょっと嬉しい。プレゼント

それは、アルパイン http://www.alpine.co.jp/ から待望の
ヘッドユニットDVA−9965Jが発売されたからなのです。
ほくほく。ぴかぴか(新しい)

さて、この製品を説明するには他社の製品ラインナップから
紹介せねばなりません。

まず、アゼスト http://www.addzest.com/
DRZ9255という、銘機DRX9255の流れを汲む
デザイン良し、スペック良し(オペアンプまでバーブラウン製なの)
のこの値段にして持てる技術投入盛り沢山のヘッドユニットが
あります。

次に、カロッツェリア http://www.pioneer.co.jp/carrozzeria/
DEX−P01Uという、これまたDEX−P01のブラッシュ
アップ版があります。これ単体だと殆んど音調整できないですけど。
もうひとつ、DEH−P099という「なかなかどうして」な製品
も用意。
安い分、パラメトリックイコライザではなく、デジタルイコライザと
なってるのはご愛嬌。

そこで、アルパイン。実はいままで対抗できるラインナップがなかった。
否、あったにはあったのですが、CDA−9939Jという結構いいとは
思うが決め手に欠けたオーディオ系ヘッドユニット。
DVA−7899Jというオーディオビジュアル両方いけ、スペック的
にもアピールできるが、調整能力に欠けるビジュアル系ヘッドユニット。

しかーし、この空白地帯を埋める為に・・・

来たぞきたぞ
DVA−9965J
持てる技術はすべてぶち込んだと思われるオーディオビジュアル両方
いける系だー。
・この価格帯では珍しい9BANDパラメEQ
・トップグレードの高精度・高密度を誇る最先進デバイス
 「24bit128fsΔΣD/Aコンバーター」⇒とアルパインは言い切っております
・FMラジオの音質を飛躍的に向上した「デジタルチューナー」⇒ちょっと謎

買ってもいないのに、こんなに興奮する必要はないのですが・・わーい(嬉しい顔)

おっとフラッグシップスピーカーにもシグネチャモデルがでたー。
真鍮削り出し部材を使いまくっております。いいのか、そんなに使ってー。

これこそ、縁がないのに僕がここまで張り切る事はないのですが・・・ちっ(怒った顔)

既に売り出されているようですが、
まだ、定価販売のようです・・と思ったら、もう下がっていました。

ALPINE DVA-9965J定価 134.400円 ⇒ 現金価格 102,400円
ALPINE DLX-Z17PRO定価 105.000円 ⇒ 現金価格 80,000円

DIYのカーオーディオ屋さん




banner_03.gif突っ走れ−アルパイン・・ああ、こりゃこりゃ



posted by ろびんいちごー at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

瞬間日記〜トヨタと富士重工業、意外な組合せ

昨日、ちと驚いたのはこのニュース。

トヨタ:富士重の筆頭株主に GMから8.7%取得
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20051006k0000m020005000c.html

『トヨタと富士重の提携の具体的な内容は未定。
「生産・開発面で協力したい」(トヨタの木下光男副社長)としており、
カーナビを使った次世代通信技術の開発や富士重独自の「水平対向エンジン」、
ハイブリッド車技術などが軸になるとみられる。』

などと書いてますが・・・

富士重工業がやらなければいけないことは、
「顧客対応・営業面での充実」だと思うわけです。

これは僕だけじゃないですよ、他のユーザも不満が多いです。
(特に、他社から乗り換えたひとからは評判悪し)
折角、トヨタとの関係ができたのなら、営業部隊の再教育を徹底した方が
今後のためにも良いのではないかと。

トヨタが受け入れてくれなきゃダメですけど・・あせあせ(飛び散る汗)

トヨタは、かなりアメリカ自動車業界の経営悪化を気にしてますね。
経団連の奥田会長も
「アメリカで販売するトヨタ車の価格を上げれないか」とか
言ってたくらいですから、かなりまずいんでしょうねー。

しかーし、GMはむずかしいなー。
コルベットとキャデラック位ですかね、知名度のあるのは。
うーむ。車(セダン)


banner_03.gifトヨタ、強すぎますがな

続きを読む
posted by ろびんいちごー at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月03日

WRCリエゾンを楽しむの巻

ラリー車が公道を移動するリエゾン区間がみたいー。
SSは昨年みたので。

という訳で、最終日早朝に出発して
行ってきましたよ。帯広へ。

道中、相変わらず霧がところどころで発生しとりましたが、
視界5mなどという極端なことにはならずあせあせ(飛び散る汗)
(この時は前のトラックのテールランプを頼りに走りきりましたが)
まあ無事に着きました。

で、帯広に入ったら早速場所探し・・・

うーん、手持ちの地図が古くていまいち場所が特定し切れない・・・
急遽コンビニダッシュ(走り出すさま)で地図を買うことに。

そんなこんなで、ルートもほぼ特定出来たので。
本格的に場所探し。

ときどき、小さな道(というか原野)に停車している
怪しいクルマを発見。
どうやらリエゾン鑑賞目的のクルマのようでありまする。

ここは通るなーってな場所にクルマを停車。
ラリーガイドの時間をにらみながらしばし待つ。

む、ノイジーなクルマがこちらに・・
排気音が大きいという感じじゃないですね。

あ、あ、あ、もしかしてと思ったら通り過ぎちゃいました。眠い(睡眠)

Armin SCHWARZ Skodaのクルマでした。

お、写真撮るの忘れてた。

そのあと、フォード、プジョーと登場しましたが
カメラの起動をしている間に通り過ぎたり(泣)、
カメラもビデオもロクナモノが撮れないまま
終わってしまいました。

あっけない・・・ふくろ

フォード2台の編隊とか、シトロエン・スバルの組合せとか
いい被写体がたくさんあったにも関わらず

今回は惨敗です。

いちおーの成果・・
PA020036.JPG PA020037.JPG


そのあとは、我が家の帯広おきまりコース。

「ぱんちょう」に行って豚丼。
http://0155.jp/butadon/shop10.htm
http://www.octv.ne.jp/~keimeiso/pantyou.html
ひとによっては、焦がした醤油のような厚い豚肉の味に
「ダメかも」というひとがいるやもしれませぬが・・
僕は、美味いと思いますよ。

「クランベリー」本店
http://www.cranberry.jp/main.htm
定番のスイートポテト、形が不揃いなので量り売りです。

結局、訳分からず食い倒れコースかよ・・・
てな感じですが。

僕のWRCリエゾン鑑賞は不完全燃焼のまま「しゅうりょー」
してしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)


banner_03.gif出直してきます

posted by ろびんいちごー at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月28日

今年も世界ラリー選手権(WRC)がやってくる

RALLY JAPAN 「ラリージャパン」の公式ウェブサイト
http://www.rallyjapan.jp/

といっても
今年は「お祭りだ−」といった感じには、ならないかもしれません。

コドライバー(ドライバーに行先を指示する)のマイケル・パークが
レース中のアクシデントで死亡したからです。

前戦ラリーGB(イギリス)9月18日に発生しました。
http://www.rallyx.net/

という訳で、どうしても各ワークスも追悼モードについなってしまう
のかなと・・・
競技中の死亡事故は最近無かっただけに、かなり残念な結果となって
しまいました。

最近の大きな事故といえば、2003年4月18日に
ニュージーランドのヒルクライムイベント「レース・トゥ・ザ・スカイ」
のコース視察中ポッサム・ボーンが亡くなったというのが記憶に残って
ますが(競技中ではない)。

公道をクローズドにして行う、市販車ベース(金の掛かりかたは尋常では
ないですが)の数少ない競技ですので、安全対策をしつつ前進してもらい
たいものです。

他のサーキットオンリーのレースとの違いは、発想が市販車の延長線上に
あるってことかなと思いますね。

泥はある、雪は降る、水溜りも越えなきゃならない、道路中滑る小石
だらけだ、橋も渡るし・・・てな感じで。

そういえば、空も飛びましたよ。わーい(嬉しい顔)

しかも、公道も普通のクルマに混じって走れなきゃいけない。
何年か前に「バッテリィあがっちゃいました。」あせあせ(飛び散る汗)ということもあり、
余計身近な競技です。

今年で、プジョーも、シトロエンも撤退の意向の様子ですので、ワークスとし
て走るのを見ることが出来る貴重な(もしかしたら最後?)機会です。

大きなアクシデントもありましたが、盛り上がってくれるといいですね。soon



観戦せっと?
東洋紡 フリースハーフ毛布
100倍の大型ズーム、50mmの大型口径双眼鏡 RBZ-1000
●厚みがあって楽に座れる♪腰痛・関節痛にも!低反発らくらくクッション120mmとご一緒にいかが...


banner_03.gifやはりシトロエンが優勢かなー

posted by ろびんいちごー at 06:14| Comment(0) | TrackBack(1) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

瞬間日記〜自動車評論家最大の賛辞

評論家の製品の評価ってですね・・・
製品が気に入らなくても、ダメ製品だとは言えない。
メーカーを敵に回すと次から仕事がまわってこなくなるでしょ?
結果、奥歯にモノがはさまったような評価になるし
読者は、その行間から著者の言いたい事を感じ取らなければなりません。

評価するほうも大変だが、読み取るほうも大変だ。あせあせ(飛び散る汗)

といったことを考えながら、夕刊フジブログの色々な評価を読んでました。
こことか。http://www.yukan-fuji.com/archives/2005/09/post_3385.html

これは自動車評論だけでなく、オーディオの評論なども一緒ですね。

で、河口まなぶ氏、「思わず買ってしまった。」そうです。モータースポーツ

そっかー。評論家が買ってしまうという事が、最大の賛辞なのですね。
と、あらためて(当たり前だけど)思った次第です。

でも、

自動車評論家の愛車一覧という便利なものは、今のところ
ないのですね?


banner_03.gifどこかに転がっていそうな気はする・・

posted by ろびんいちごー at 01:41| Comment(0) | TrackBack(1) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

レクサス立ち上げ〜なんか人気らしいです

このように
http://ameblo.jp/kurumayasan/entry-10003840850.html

レクサスという日本では新ブランドが立ち上がりました。
WBSでも散々特集してましたから
知名度は抜群。おもてなしのこころも別次元。

それは、いいと思うんですけど・・・

webCGのこちらの記事
http://www.webcg.net/WEBCG/impressions/000017117.html

SCでは新たに高性能なダンパーを採用し、「フラットな乗り心地」
「高い路面追従性」を実現したという。大きな期待を胸に、試乗を
開始した……が、基本構造を変えずに劇的に性能が向上するなんて
甘いことを考えてはいけないのだった。特に、GSのピシッとした走
りっぷりを試してしまうと、どうにも古さは否めない。

これは口調は柔らかいけど、クルマ(動く機械として)はダメだと
言ってるよなーと思いますぞ。

かつては
『コーナーでは本当にクリアしていけるのか確信を持てない。』
だったから、進歩しているのかもしれないけど。

BMW、メルセデスを木っ端微塵にするつもりなんでしょ?
(言いすぎですわーい(嬉しい顔)

ずっと、トヨタに乗っていくひとには分からないけど
他社と比較試乗された日にはすぐにバレバレでは
ありませんか・・・

補強材入れたり、足の付け根の肉厚を厚めにしたり、
マツダの発泡材入れちゃったってのもありましたね・・
小細工する余地はいっぱいあると思うんですけど。

兎に角高価なクルマなんだから
内装だけでなく、記者を誤魔化せるくらいのモノを
ださなきゃ、

外国のプレミアムブランドを撃沈する
(だから言い過ぎだってもうやだ〜(悲しい顔)
こたーできません。

でもな〜、あのとよただから

購買層がそこら辺を
『まったく気にしていない』っていう
データをもってるのかも・・・

ありうる


banner_03.gif縁はないんですけど・・・確かに


posted by ろびんいちごー at 16:30| Comment(1) | TrackBack(4) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月23日

瞬間日記〜クルマの室内灯をLEDにすると

バッテリ上がり対策に室内灯をLEDにしてみました。
子供に室内灯を点けっぱなしにされバッテリが上がった
のでその対策ちゅーことで。
(エアコン酷使した影響もあるとは思いますが)

明るいかどうかというと多分蛍光灯に替えたほうがもっと
明るいのでは?と思いますが・・・

白色で極端な影が出来づらいので物は見やすいかな。
という感じです。
あと、昼間でも点いているか点いていないかハッキリ分かる
のが良いです。(コレが僕には一番重要)決定

消費電流 従来の約十分の一なんて
素敵なことではありませんかグッド(上向き矢印)


どこの会社のでも良かったのですが

OH−140 LEDスーパールームランプw
っていうものにしてみました。
当然機能優先主義ですので、ホワイトで。

株式会社大日向というところで作製だそうです。
http://www.ohinata.co.jp


banner_03.gifクルマの部品インプレはこちらで探してください



posted by ろびんいちごー at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月22日

ブレーキ引き摺り復活 涙のお祝い

その前に、ブレーキ復活に7万以上かかったんですけど・・・
とても、懐が痛い。

僕の愛車、ま、大いなる伝承物とか遺物って名前のクルマ
なんですけど、ブレーキからキーキー金属的な音が
し始めたわけですね。

ああ、こりゃそろそろブレーキぱっとがお亡くなりになる
合図だなっと思ってディーラーにもっていきました。

いや、ちょっと確かにおかしいとは思いましたよ。
片方のホイールだけ熱もってるし。やや欠け月
片方のホイールだけ黒っぽく汚れてるし。三日月

みてもらったら

これ、片方のブレーキ引き摺ってますよ・・・ふくろ

こう言われました。

え?えええ。

ディスクと、キャリパーも交換かも・・・ふくろ

ぎょえ〜。(このとき心の中から本当にそう思いました)
パッドだけ交換しにきたはずなのに〜もうやだ〜(悲しい顔)

ブレーキの引き摺りについては
住友電工の雑学講座81を読めば多分分かります。

http://www.sei-brake.co.jp/

どうもキャリパーの動きが渋いらしい。
ついでに言うとパッドさえとりあえず新しいものに交換すれば

ピストンが戻る⇒動きの渋くないところを使う⇒多分問題なくなるるんるん

微妙に違うかもしれないがこんな感じらしい・・・

でもね〜、ブレーキだからね〜。キャリパーも交換したいね。ふくろ

こう、いわれちゃったわけですな。
で、ま、キャリパーも含めて交換しました。

はあたらーっ(汗)

思うに、パッドを早めに交換しておけば
今回のような事にはならなかったのかなと。

SEIのパッドにでも替えようかな〜
と思いつつここまできてしまいました・・・

決して、
断じて、
ケチっていたわけではありません。犬

SEI スポーツパッドストリートスペックSS(フロント用)



banner_03.gifクルマについてこちらでも探してみてください

posted by ろびんいちごー at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

瞬間日記〜旅先でもどこでも縦列駐車は苦手ですね?

僕は縦列駐車を避けれるものなら全て避けているので
ほとんどした事は無いのですが・・・

一回、やむを得ずした時は奇跡的にがく〜(落胆した顔)うまくいきましたが。

縦列駐車をうまくするポイントとしてクルマの左側を
極端に左側に寄せて、前に停車しているクルマの右後方を
擦らないようにしかも、思い切り角度をつけて
バックで・・・

最悪だ。あせあせ(飛び散る汗)
道が空いていれば、後ろのクルマも避けてはいくでしょうが
混んでいたら、その限りでは有りません。

そこで、クルマに任せちまいましょう。ということで
全自動的なものとしては、第二弾

http://www.webcg.net/WEBCG/essays/000016975.html

名前はシトロエン「C3シティパーク」

「やがて駐車可能な空きをソナーが発見すると、ディスプレイと
アラームでドライバーに知らせる。この手順は、停止してから
目標駐車位置をディスプレイ上でマニュアル設定するプリウス
とは違う。
次に駐車することを決定すると、ディスプレイ&音声の操作
ガイドとともに、ステアリング支援が始まる。ただし、
ドライバーがステアリングを自ら操作した時点でアシストは
自動解除される。
これらの機能を、欧州で依然標準的なマニュアルトランス
ミッションとの組み合わせでこなす。」

はい、まだ販売されておりません。

オセロの相方(どっち?)は言っておりました。

「空いてるスペースに頭を突っ込むようにして入り
そこを通って右側に一回出る。あとはバックすれば
簡単やねん。」ひらめき

だそうです。簡単です・・多分。

蛇足ながら、
これすごいですね。唖然としました。
http://www5a.biglobe.ne.jp/%7Ee-8148/parking.htm


人気blogランキングへ投票してみたりする
posted by ろびんいちごー at 07:18| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月25日

運転手さん、岩見沢公園のバラ園まで(プライマシーはどうですか?)

運転手さんって僕のことですが。
行ってきましたよ。岩見沢公園のバラ園。

http://www.ms11.or.jp/02iwam/aa002.html

どーも、行くにはちょっと早かったのかもと
おもってしまいました。

花が咲くというよりは、ツボミの数が圧倒的に
多かったもので。

P6250022.JPG

「花は満開よりツボミだよな」という人には
今の季節の御来場をお勧めできるかもしれません
(そんなひといるのしょ〜か?)

満開を期待する人には7月くらいがいいかもです。
7月くらいにもう一度行かねば。soon

さてさて、

タイヤを替えてから、久々の遠出です。
タイヤは、前にも書いたミシュランプライマシーです。

遠出しても、印象は変らず。
イイものはイイ手(グー)

発進時の出足こそ非力ですが(もともとそーゆークルマなので)
ある程度速度に乗ってしまうとすーっと前に抵抗なく進んでいく
傾向があります。

そして前にも書いたとおり、多少道路がデコボコしていようが、
真っ直ーぐ進んでいく性質をもっているので
運転していて、とても楽。

今日、帰り道で雨神に祟られましたが、雨で性格が変る事もなく
運転していて怖さを感じるようなことは全然ありません。

もっとも、今のクルマにのってから雨で怖い思いをしたことは
一度もないのです〜が。

今日は、帰り道で二度も事故車を見てしまいました。がく〜(落胆した顔)
適度にいいタイヤを履いて、無茶をせず走りましょ〜。

一点、ちょっと気になる点と言えば、ホイールにうすい黒い粉の
ようなものが付いていることでしょうか。
もともとブレーキダストは、ほとんどでないハズのクルマなので
タイヤから出たものなのかな〜?と思っていますが。

今日の事を今日の内に書く。

うーん。ブログっぽい使い方を今日初めてたらーっ(汗)してしまいました。
posted by ろびんいちごー at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

気にしてしまう、アルパインのあの型

メーカーのとてつもなく気合の入った商品てあります。

これ、デジカメ(これは、また今度)とかに限らず、マンション、クルマなんでも。。。
もてる力のすべてをけっしゅーしました、 
なりふり構わず、気合いれまくりましたー。どんっ(衝撃)

こういう商品に出会うと
嬉しいもんです。

反対に、とりあえずつくってみました
買わなくてもいいですよってのもありますがあせあせ(飛び散る汗)


こりゃいい
と思っても
買えるかどうかは、また別ですが

タイミングもありますしね。

僕が、どうしても気になるカーオーディオメーカーとして
アルパインってのがあります。
http://www.alpine.co.jp/

もともとアルプス電気っていう
http://www.alps.co.jp/
電子部品メーカーなので

部品にこだわる姿勢が半端ではないです。
カタログ上にはそんなに書かれていないですが
カタログの後ろから凄さが滲みでてきてるんですね。モバQ
不思議な事に

で、内製に拘るってことは
カタログスペック上、あまりたいしたモノには
見えないんですが〜
(他のどこそこの有名メーカーの何々を使いましたってのが書けませんから)
でてきたものは、価格以上の価値をもっていることもしばしばです。

いや、もちろんハズレもありますが。

ここで、つくったスピーカーの最高傑作だと勝手に思っている製品に
DDC−165DとDDC−175D
ってのがあります。
今では、とっくに生産中止です。

僕はこの型の一つ前のスピーカーを持っています。
DDC−165Cというものです(名前はたいして変りませんが)

それで、この最高傑作の登場は予想してました。
フラッグシップの技術で普及品つくるだろーなって

そーゆー会社だよなぁって

でも、待てなかったんです。
1年以上まったんですが、出てこなかったんでとーとー
買っちまいました。

そしたら。。。。
まあ、いいです。

で、この製品の特徴を簡単にいいますと
ウーハーとツイータの2つで商品構成されておりまして
(セールスマンみたいだ)
このツイータに特徴があります。(というか、これがウリです)
ツイータはよくあるドーム型ではなくすり鉢型(インバーテッドドームと呼んでいる)に
整形され、独創の磁気回路でドライブされます。
素材もオリジナルの独創的な素材を使ってます。

まー、スピーカーは、如何に空気に負けず、正確に空気を振動させるかに
かかってくると、言われますが

そのために、そーとーな予算を注ぎ込んだと思われる力作なのです。
多分、大赤字だったんでしょー
カタログから、あっという間に消えてしまいましたね。
それとも、みんな良さに気付かず、売れなかったのかももうやだ〜(悲しい顔)

店頭で何気なく聞いてみたのですが
鳴ってる音がこちらに寄ってくるとでもいいますか
店頭ですから、まわりでゴチャゴチャ煩くなっている訳なんですけど
そのスピーカーからの音のみが、すっとこちらに入ってくるんですね。
しかも、自然な音で

あー、これ本当に良く出来てるわ

そう思ったんですけどね。
前の型、買ったばかりだったので買えません。


でも、欲しいなー

と迷っているうちに、カタログから消えてしまいました。失恋

なんか、わたくしめ、カタログ落ちに遭遇することが多いですね。
「迷い」が多すぎるんでしょか。
ま、煩悩の塊みたいなもんですから。
しょーがないといえばしょーがない

カタログをみて今日も
もう一回つくってくれないかなー

まだ、言ってたりしますが。

最近、楽しみがひとつ増えました。
DLX−F177というフラッグシップが登場したのです。

普及型となってでてくるかな〜soon
ちょっと楽しみにしちょります。

だからといって、買えるかどうかは、やっぱり別の話ですが。ATM


posted by ろびんいちごー at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

名門ミシュラン パイロットプライマシーを選ぶ理由

クルマのタイヤの話です。
タイトルはあんなこと書いていますが、直前までは名門ピレリP7を買うつもり満々だったのです。
でも、あの一言を聞くまではです。
「ピレリP7はカタログ落ちしました」え、え、えええ(落胆)がく〜(落胆した顔)
落胆しすぎて海底2万マイルの旅をしてしまいました(1.5秒程度ですが)

しかし

カタログ落ちしたのであれば仕方ない。
タイヤ選びに困ったときは

http://www.murakamitire.co.jp/

また、いってしまいました。

ええ、さて僕がタイヤに求めるのは「コンフォートである」
ただ、それだけなのです。

具体的には
・真っ直ぐ走ってね
・ワダチでハンドルとられないでね
・静かめでね
・やわらかくてもいいけど手応えが無いのはダメ

といった感じでピレリP7に決定していたのですうが〜
P7って名前も良かったし〜もうやだ〜(悲しい顔)

ドラゴとかP6000だと折角替えるのになにかさみしーし
P−zeroロッソはサイズないし〜

え〜い、じゃ、ミシュランだ(切り替え上手)

インプレッションをじーっと観察。

共通しているキーワード「道の凹凸をいなす感じ」が
プライマシーにはありました。とゆうわけですぐ決定。

付けて。。。。

ねらったとおりです。
バランスウェイトがちっちゃいですね。(素性がいい証拠かな)

50扁平タイヤとガチガチの足回りの宿命なのか、
道に凹凸のあるところでブレーキなんか
かけようものならハンドルと常に格闘しておりましたが。

ウソのようです。
手を添えるだけ。

ゆがんだ道を真っ直ぐ走るのも今までなかなか大変でしたが。
手を添えるだけ。

音がかなり静かです。
手を添えるだけ。(こりゃ違う)


手を添えるだけ。手を添えるだけ。手を添えるだけ。
(思わずコピー&ペースト)


このタイヤさえ付けていれば多少設計がアレでも、そこそこイイクルマ
となっちゃうで〜ぇ。自動車メーカーさんにもお勧め(既に知ってるって)

ちなみに比較対象は7年前に買ったダンロップLM701です。
交換した当時は結構好印象だったんですけどね。
7年前のものと比較しちゃだめですね。

すべてにおそろしー右斜め上までに進歩しています。

ところで、ピレリさん。どうしてP7無くなったんですか?

買うタイヤ無くなってしまったではないですか。
早くもP7復活きぼー手(グー)

RAYS ボルクレーシング CE28 N 7.0J-1610スポークデザインホイールタイヤ4本セット エンケイ レーシング RS+M 7.0J-17ホイールタイヤ4本セット


人気ブログランキングでインプレをまだまだ探す



ブログ・ルポ只今参加中!
posted by ろびんいちごー at 22:37| Comment(0) | TrackBack(1) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa