2020年04月26日

ロジクールのキーボードG512を買ってしまった。そんでもって、Linux mintで、色んな所を参考にしながらなんとか制御できるようにした話

G512
そう、ひとは、このキーボードをゲームキーボードと言う。


PCで、ゲームしない人なんですが、
キーボードに照明点灯して、反応のいいキーボードってなると
こう、なっちゃうんですよ。

ちなみに、モニターも買いました。
DELLの24インチで、1920×1200というちょっとだけ
変化球のやつ。
縦に、少し長くて見やすい。


ま、これは、いいのですが、
G512、これの制御するツールがロジクールから出ていない。

Windowsとmacには、あるのに。
ちょっと、このツールの操作に違和感あるのは、指摘されている通り
しかーし、無いよりは良いよね。

Fncキーとの組み合わせで、ある程度制御できるとしても
なんとかしたい。

で、当然Linux mintを、ちょくちょく使っている身としては、
Google先生にお願いして探すわけです。

すると、こういうのを見つけちゃうわけです。
https://github.com/MatMoul/g810-led

で、ビビるわけです。
 いやいや、Linuxではダウンロード専門で
  android studioとかでしか遊んでいないし
   GitHubとか、意味わかってないし
    makeなんかしたこと無いし・・・


だが、ほっとくとキーボードは、
 ド派手に、
  波のように、
   色を変えながら、
ゲームキーボード全開のアピールをするわけです。

しょうがありません。覚悟を決めました。

以下は、Linuxコマンドもあんまり知らない人間が
闇雲に、トライした結果です。
結果的に、効いているようなので、端末から、打ち込む参考にしてください。


☆gitのツールを入れてみる
sudo apt install git -y
git --version

☆gitから持ってきてみる
git clone https://github.com/MatMoul/g810-led.git
cd g810-led

☆g++のインストールとバイナリの作成かな
sudo apt install g++
sudo apt-get install git g++ make libhidapi-dev
make bin
sudo make install

☆ここいるのかなぁ。For developersって書いてあんだよね
make lib
sudo make install-lib to install the libg810-led library.


これで、カラフルなキーボードが表示されれば、
出来上がりさ

















posted by ろびんいちごー at 23:53| Comment(0) | 先端技術・新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Powered by Seesaa