2019年02月02日

統計学が最強の学問ということには、ほぼ同意なんだけど難しいことには変わりない

個人の感想です。

本を二冊買いました。

ひとつは、日本経済新聞の書評に載っていた
すべての医療は「不確実」である

もうひとつは、滋賀大学 データサイエンス学部 学長
で、検索しているうちに、たどり着いた
真のデータ・サイエンティスト養成めざす
滋賀大学データサイエンス学部の教育内容とは?


なぜ、東大、京大の入試に「統計」の問題は出ないのか?

統計学が最強の学問である



「統計学が最強の学問である」は、書店で探すのに苦労しました。
本のシリーズに「実践編」があるらしい・・というのは
知っていましたが、

最初に見つけたのが「ビジネス編」


「・・・・」



「これじゃない。無印が欲しいんだい。」

ということで、店員さんにさがしてもらったら、
無印「ビジネス編」、さらには「数学編」
色々でてきました。

しかも、全部、売り場がばらばら。💧
というわけで、広い売り場をうろうろすることに。

でも、目的のものが、手に入ったから
いっか・・・。店員さんにも感謝。

タイトルからすると、この二冊。
まったく、べつの本のような気がします。
というか、別の本のつもりで、買ったんですが。

根底に流れているものが、すごい似ている。




っていうのは、
正しい判断ってなに?
ってことで、

「ランダム化比較実験」が取り上げられ、

「エビデンス」が重要ってことが説明され、

「コクラン」で、世界標準の治療法が示されている

って感じ


あ、統計学が、重要すぎるぐらい重要ってのは、当然ですが
前提です。


どっちも、さらっと書いていそうで、意外と情報量が
あるので、特に、さびついた僕のような人間は
読破には、ちと苦労しそう。

ちなみに、
「マウスを使った実験結果が、そのまま、人間に適用できると思うなよ」
ってのがね。
わかるけど、すがりたくなる気持ちもわかる。

banner_03.gifつまり、エビデンスが大事ってことかな?


posted by ろびんいちごー at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Powered by Seesaa