2019年01月22日

うちの Linux Mint (18.3 Cinnamon)で、とうとう音が出たー

狂喜!!!

とうとう、YouTubeをみても音が出るし
 CDを読み込んでも音がでるように
  なりましたー

「そんなの、あたりまえだろ?」

って?

いえいえ、LinuxMintのユーザーのうちの
(少数の)不幸なユーザーは、音が出ないまま
運用しちゃっているんです。

ま、僕も半年くらい、無音のまま使ってました。
(ログイン時の起動音は鳴るけどね)

いろいろ、やったけど、結果が出ない
ってことで、正直諦めてました。
「いいんだ。いいんだ。Android Studioで遊べれば」


そんな時に見たのが
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=1961


Juneさんって人が、もの凄い勢いで
質問して、調査して、質問して・・・
ってのを繰り返して、解決してて
「ほぇぇ、すげーなー」

と、思ってぼーっとみてたら

cat /proc/asound/card0/codec#* | grep Codec  !!端末から実行

ってのが、目に入りました。
試してみると、こんな感じで表示されました。

Codec: IDT 92HD73C1X5

「ほうほう。じゃ、こんな感じで検索してみっかな」

ubuntu IDT 92HD73C1X5

検索結果を、何気に見ていると
「Dell Studio 1749」という表示があるではありませんか!!

「これは、えいらいものを見つけてしまったわい」
というわけで、桃?竹?を開いてみると

https://askubuntu.com/questions/141865/3-5-audio-jack-issue-doesnt-work-on-a-dell-studio-1749

「くぉー。まぶしいぃぃぃ」

そこには、光り輝く

Add this line, options snd-hda-intel model=dell-m6-dmic
or change options snd-hda-intel model=dell-m6-amic
to options snd-hda-intel model=dell-m6-dmic


という、ありがたいお言葉が・・・

viで、/etc/modprobe.d/alsa-base.conf
を開いて(viじゃなくても別にいいけど、コンフィグはなんとなくviってイメージ)

最終行にぺたっと
options snd-hda-intel model=dell-m6-dmic

再起動してみると

ログイン時の音が、めちゃくちゃでかくなっている

「こ、これは、期待できるかも」

どきどきしながら、YouTubeを開いてみると
なぜか曲は「God knows」

鳴りましたよー。音が。

CD入れたら、聞こえましたよ。音楽がー
このとき曲は、「ひかりふる」

あー。天から光がー

これで、Android Studioと、さらに、濃密な時間が過ごせる。
・・・かもしれない

banner_03.gifすいません。ほんとは、音が欲しかったんです。


posted by ろびんいちごー at 11:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Powered by Seesaa