2018年05月16日

Windows10をインストールし直したら、起動も早くなり気分が良いので、パーティション変更し、Linux Mint(Cinnamon)もインストール

Winodws10が復旧してから最初にやったこと

win + x を押してからの、ディスクの管理
 C:選択後のボリュームの縮小
  縮小する領域のサイス

「あー、最初からこうすりゃ良かったんだ。」

・・というわけで、Windowsのパーティションを調整するときは、
素直に、標準のツールを使いましょう。

という、教訓を(いまさら)得ました。

でも、まぁ、Windows10を壊してみると、
いままで意識しなかった、当たり前かもしれないことが
「あぁ、そーなんだ」となって

IEのブックマークの場所
→各ユーザの、お気に入り にある。
「そんなわかりやすい場所にある訳ない」と思って
階層深ーく探しに行ってました。

Thunderbirdの設定
→profile配下丸ごとコピーで、どこでも同じ環境で使える。
 しかも、最近は、ThunderbirdPortableという
 USBメモリで持ち運べるメーラーまであるんですね。

Easeus Data Recovery Wizardでディープスキャンすると
→2日間くらい掛かったりして、いつもはクールなうちのノートPCの
 発熱がすごいことになったりして、
 慌てて通風孔に風が通るようにしたり。

で、生まれ変わった、ウチのPCですが、
レジストリがすっきりしたのか
ビルドが新しいせいか、
よくわからないのですが
起動早くなったんですよ。

で、Linux MintのCinnamon 淹れました
(名前の由来はお茶らしい)

手順は、こんな感じ
https://hosopro.blogspot.jp/2016/09/windows10linux-mint.html

「ディスクイメージの書き込み」ってのが普通のファイルだと
右クリックで表示されませんが、
isoファイルで右クリックすると出てくるんですよね。
ちょっと不思議。

Linux MintをDVDで起動すると、
DVDが全力でがっちゃんがっちゃん動き出すので
「こわれるんじゃないか?」と思ったり

デュアルブートにすると、Windows10より、
Linux Mintの優先順位が高くなるので

以下を参考に変更します。
https://hosopro.blogspot.jp/2017/05/linux-mint-grub-menu-order.html

こんな方法もあるようですが、
ファイルの編集が入るので、今回はやめました。
http://robotics4society.com/2016/06/15/ubuntu-boot/


Cinnamonを、立ち上げた感想は

フォントがきれいー

でした。




banner_03.gifいじょっ!

posted by ろびんいちごー at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Powered by Seesaa