2018年03月10日

北海道公立高校入試 社会の問題で誤問題発生。しかし、しばらく何故間違っているか分からず中学生に戻るのは不可能と知る

子供が受けた入試問題ですから、気になります。

https://mainichi.jp/articles/20180309/ddl/k01/100/017000c

手許に問題用紙があるので、しばらく考えてました。

東京とモスクワには-6時間の時差があり、
モスクワの日本企業の現地での営業時間が、
10時〜22時

日本企業の現地での営業時間を日本時間で表した
問題のグラフは
4時〜16時

これが間違いだという。
そういう指摘が、複数あったそうな。

「う〜ん」
 「えぇっと」
   「そ、そう?(動揺)

ほんと、最初判りませんでした。

で、手書きで図を描いて、やっとなっとく。

例えば、下の時間は同じになります。

東京 10時〜21時
□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■□□□

モスクワ 4時〜15時
□□□■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□


じゃ、モスクワ現地営業時間が10時〜22時
□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■□□

日本時間で表したら?

日本は6時間の後追いなので、
正しい時間はこうなると・・・
□□□□□□□□□□□□□□□■■■■■■■■■■■■■
16時〜28時(4時)


社会の制限時間目一杯使って考えちゃいました。
中学生の問題なのに、指摘もあるのに、
間違いに気付けないなんて💤

もう、中学生レベル以下なんですね。

ちなみに、出張に頻繁に行って、現地と日本で
やり取りするようなヒトが、問題作成者の中にいれば
簡単に気づけたような気がします。

「未完成部分をかき入れ完成させなさい」
じゃなくて
「解答用紙に、各事業所の
   すべての時間を書き入れなさい」

とでもしておけば、

問題の誤りも指摘されず、
極上のひっかけ問題として、歴史に名を刻めたのに。

惜しいことをした。



banner_03.gifやっぱり検証って大事だね


posted by ろびんいちごー at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Powered by Seesaa