2017年09月28日

キッチンシンクのゴム蓋を買い換える タカラ製からカクダイ製へ

ゴム蓋。
ん〜。なんの事かわからないひともいるとは思いますが。

キッチンのシンク

昭和風に言うと

台所の流し

そこの排水口に付けているゴムの蓋のことです。
今迄、頑張ってくれていたタカラ製のゴム蓋が熱やら何やらで
曲がってしまい、

スプーンなどが転がった日には、ストレートに
おむすびころりん状態になってしまいました。

しばらく、見て見ぬふり💤をしていましたが
犠牲になるスプーンの数があまりにも多く
とうとう購入することに決めました。

すっごい安価なんだけど。
なんか、気が重い。

一応、直径を測ってみました。

14.5cmくらい。

「タカラスタンダード N12 ゴムフタ」
こんな感じで、通販で検索すると・・



ま、確かめてはいないんですが、
サイズが合わなくても被害額が大したことないので
「行ってみようかなー」

と、思ったんですが、
結局近くのホームセンターへ。

タカラスタンダード製は、無いかやっぱり。

代わりに、汎用品が売ってまして、
名は「カクダイ 9405ゴミ収納器フタ」

サイズに併せて、カッターで切ることができるという説明を受け
コレにすることに。

買ってきて、仮合わせすると
やっぱり合わない。

で、カッターで切ります。
「ゴムって切りづらいっすねー」とか
思いながら、できあがり。

ちなみに、タカラスタンダード製のような
カッチリ感は、ありません。

ぺらぺらです。

「大丈夫なのか、こんなんで・・。」

と、タカラスタンダード製から替えたひとは
だれもが思うはず。

う〜ん。でも。

スプーンひとつ。奈落の底に落ちる前に救出できましたから。

一応。効果あります。




banner_03.gifでも、本当は・・。タカラスタンダード製が手に入るなら、ソッチのほうが



posted by ろびんいちごー at 20:57| Comment(0) | 修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


Powered by Seesaa