2016年12月20日

東芝の掃除機VC-SG514-Rが実質3万円台で買える最高傑作と、つい言ってしまう

今まで、使っていたのはシャープの掃除機。
サイクロン式で、アタッチメントなんかも
工夫しているんだろうな・・とは思える機種。

「目の付けどころがシャープでしょ。」

確かに、目のつけどころはシャープなんだろうけど

掃除機のヘッドは、くにゃっと曲がると、吸気が抜けたり
アタッチメントも、カチッとハマる感じがなく
「試作機でちゃんとテストしたの?」
目の付けどころだけだった・・と思える出来
シャープの凋落の兆候は、製品にも出ていたんだなぁと。

じゃ、VC-SG514-Rは何が違うかと言うと。

製品として完成した時の、総合力

ブラシには、白色LEDのランプが付いていて、
掃除する場所を明るく照らし

 床ブラシは自走式で、掃除する時軽く動き
 (掃除機は、軽く動かす・・というのが常識らしく)

  ゴミ残しまセンサーという、ふざけた名前のセンサーが
  ゴミが残っていれば、赤ーく光り、

透明なダストカップの中で、ゴミがぐるんぐるん回って
「こんなにゴミを捕ってしまった」とナゾの自己満足に陥り


しかも、付属品用ホースとロングブラシの組み合わせは
壁や、天井のワタのようなゴミを確実に捉え、
ふとん用ブラシは、単純な仕組みだけどいい仕事をする。

アタッチメントも、カチッとはまり(意外に重要なんだなコレが)

掃除機を掛けることが、なんかエンターテイメントに
なってしまっているという事実。

「ブラシが床について離れなーい」などという吸引力は
ありませんが、

掃除機は、どれだけ快適に仕事をしてくれるのか
つまり「総合力」が大事だと
再確認したのでした。

と、書いていると欠点を書いていないことに気づきました。

欠点はですね、

ゴミ残しまセンサーが、
「あれ〜?ごみ残ってるよー」と点灯して
ワイドピカッとブラシが
「まだ、何かありますぜ、旦那」
と煽るので

掃除が、やめられなくなることですかね。

困りますね。
本当に。

banner_03.gif欠点、探したけど、ダストカップの隙間に分離した小さなホコリが残る位かも。



posted by ろびんいちごー at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 先端技術・新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa