2016年12月05日

エコカー減税対象縮小で2016年新型インプレッサにも新たなグレードが来るかも

日本経済新聞によると
「2017年度から」
「20年度燃費基準(平均で1リットルあたり約20km)」

以上のクルマに限定するそうな。
与党で最終調整中・・

詳しくは、記事を。

ってことは、フルモデルチェンジしたばかりで
シャシーは素晴らしいと評判の
(まだ、乗ってませんが)
インプレッサのメイングレードが
「狙い撃ち」
減税対象外という感じになりますね。

ちなみに、エコカー減税は来年3月末に期限切れ
らしいです。

ということで、
この回避策としてスバルが

@ある程度まともな電池容量のあるハイブリッド車

を、グレード追加してくると思われますが
(発売が間に合わなくても、発表だけでも)


これだけでは、メイングレードがね・・・。
カタログスペックで比較されると戦えません。

そこで、

A小排気量ターボ

これが出てくることを期待。
1.2L とか 1.4Lとか

これだけだと、発進もたもたグルマになってしまうので
フォレスターで採用された、一次減速でトルクどーん
なんて対応をするかも。

Bマイルドハイブリッド

加速時に徹底的にモーターに頼れば、けっこー
ドライバビリティを損なわず、いい値が出るんじゃないでしょうか。
もっとも、回生ブレーキでしっかり回収しないと、アレなことに。

Cアイドリングストップ長時間化

できませんかね。停止している時は、ほとんどエンジン停止っ
ていうの。
バッテリィとエンジンをセンサーで、細かくチェックしていれば、
もう少し攻められそうな感じがありますが。
あと、気筒停止とかも併せてどうですか?


ハイブリッド以外、開発しているのか、まったく未知数ですが、
このままだと、メイングレードが大変💤なことになるので、
何か、仕掛けてくるでしょう。

どうせなら、予想外のものがいいなぁ。

banner_03.gif期待して待ちたい
posted by ろびんいちごー at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa