2015年02月23日

PHP入門の本を買って、ひとの評価はいろいろだなーと実感する

書店に久々に行ってきました。

子供の辞典を買いにです。
店頭で、評判の良い辞典を中心に
色々なところを見比べて


に決まりました。

前回、辞典選びに失敗しているので
 収録語数
  読みやすさ
   でも、そこそこお安く

という基準で選んでます。

やっぱり、最近の辞典は良くなってますねー。
少子化で、競争が激化しているでしょうから
どんどん良くなるんでしょうね。

特に、国語辞典の

「投げる」【方言】
北海道・東北などでは、「捨てる」の意味でも使う。


なんかの表記は、家にある古い大辞林にも
載ってませんよ。

凄いなー👝

辞典選びも終わり、最近ネットで調べて回っている
PHPの本を立ち読みしていました。

Eclipseを(正確には、Pleiades All in One かな)
インストールした際に、ついでにインストール
されたPHP環境を、なんとか活かしたい。

という立ち位置なので、ま、最初は、
期待せず、「どんな本があるのかなー」位の
勢いでしたが、

というのが
あまりにも、自分のニーズにぴったりだったので
思わず、買ってしまいました。

本で使われているのが、
XAMPP 1.7.4
と適度に古く💣、僕の環境のバージョンと
同じなのも、高評価です。

Apacheをそのまま起動したときに
PCが、Webサーバーとして公開されちゃいますよと、
セキュリティについても、
言及してくれているのも、いいんじゃないでしょうか。

「あれ?もしかして、とても良い本買ったんじゃ?」
と、amazonの評価を見てみたら、
酷評されていて、唖然としました。

うーん。
ま、読んでいくと、「アップロードして実行しましょう」
とか書かれていて、
「え?ローカル環境で実行する前提なのに何故?」
と戸惑ったりしたのも事実ですが。

何の事はない、
\xampp\htdocs\php_testみたいなフォルダ配下に
作ったものを、置いておいて
ブラウザから
http://localhost/php_test/inquiry.html
というふうにアクセスするだけなんですが・・



でも、僕にとっては、丁度いい本だと思いましたよ。
他の言語で、「何か作ってみたよー」というひとが、
「え?なに?サーバーでなんかできんの?」
と「入門」するのにはぴったりではないかと。

わからないところは、ネットでちょろちょろ調べると。
いい感じで進めると思いますけどね。

それにしても、あの酷評っぷりには、
著者も戸惑っているに違いない。

厳しすぎるよ、皆さん。

こういう系統の本の誤記なんて、他の本でも
けっこーあるじゃないですか。。。。


banner_03.gif自分にぴったりであれば、それがベストなのです



posted by ろびんいちごー at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発(Eclipse/swt/java/javascript/php/HTML) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa