2014年10月01日

kindle fireに、シンプルな方法でドルフィンブラウザをインストールできた

発端は、デフォルトブラウザであるSilkの日本語入力の調子がイマイチで
例えばtと入れると、そのまま次の入力を受け付けなくなるというあせあせ(飛び散る汗)
変な事象が出現したところから始まります。

最初にいれた一文字を消すと、次からは何事も無く入力できるという
うーん。
やな感じ。

で、まぁ。
後先考えずやってしまった訳です。

「その他」→「アプリケーション」→「インストール済みのアプリ」
→「iWnn IME」→強制停止


「Silk」→日本語入力不可爆弾


やってから気付きました。
強制停止って、戻せないじゃないか。

でも、その時はネット調べれば何とかなるでしょ。
って思っていたんですけど。

意外に、何も考えすにそんなことをやるのは僕位らしくバッド(下向き矢印)
見つからない。

唯一、わかったのは下位アプリは上位アプリの設定に
影響を受けるらしい(認識間違っているかも)ということでした。


うーむ。どうする。Silkで色々やってみっか。悪化したらどうする。
 これは、子供に笑われるパターンか。
  などと、ちょっと焦り始めてたところ。

「その他」→「言語とキーボード」→「キーボード」→「キーボード」→「日本語」

何気に直りました。

「え?これだけ・・」


ほかに、デフォルトに戻すなど、色々やってみたのが
効いたのか、IMEも正しく動くようになったとさ。

オシマイオシマイ。


・・・じゃなくてですね。
ドルフィンブラウザを入れたのですよ。

Amazonの1-Click注文が、なにか嫌で
最後まで登録していないので、
基本的にアプリのダウンロードができない状態です。

Amazon縛りもあるし、
かと言ってroot化なんかもちょっと。

ま、Amazon自体は好きなのですが、
1-Clickというのが
どうも・・。

ところが、サイトを徘徊している内に
簡単な方法があることが分かりました。

http://yorokinoko.blog.so-net.ne.jp/2013-03-30


要は、
ひらめき1Mobile Marketのインストールから入っていくパターン

・「その他」-「設定」-「端末」-「アプリケーションのインストールを許可」
-「オン」

http://www.1mobile.com/app/market/ に接続してダウンロード

・「Silk」-「ダウンロード」に、拡張子.apkのブツが入っているので起動

・「Dolphin Browser」で検索すると、色々なバージョンが。

正直、違いがよくわからなかったので
・「Dolphin Browser for Android」を選択してインストール。

ちゃんと動いたら、

・「その他」-「設定」-「端末」-「アプリケーションのインストールを許可」
-「オフ」

で戻しましょう。


こんな感じで。
これで、今までの、Adobeすら見れなかった、環境とはサヨナラです。






banner_03.gifAmazon縛りすぎの巻



posted by ろびんいちごー at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 先端技術・新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa