2014年08月04日

綿70%麻30%のカーテン到着。素材良し、色良し、価格良し

今まで、使用していたロールカーテンのメカニカルな部分が
壊れてしまい、次のカーテンを探していました。

頑張れば直せたのかもしれませんが
もう、暑さのせいか、なんか気力がないバッド(下向き矢印)

それにしても、最近、我が家は、色々なものが
壊れていってます。
へっへっへ(笑い事じゃない)

今度は、普通のカーテンでいいかな
ということで、まずは、安物狙いで
家具量販店に行ってきました。
(北海道から全国進出を果たした家具屋です)

デザインとしては、特に可もなく不可もなし
というところで、素材も、特記することもなく
という感想なんですが、
(書いててちょっと困っている)

肝心のサイズ(丈)が合う在庫が無い。

だからと言って、取り寄せて買うほど
「これだーパンチ」というものもありませんでしたので
とっとと帰ってきました。

無印良品に行っていた、奥さんも結局
ぴったりサイズを発見できず帰ってきました。
ただ、そこで、麻と綿でできたものを見て
「やっぱり、自然素材でできたカーテンが良い」
という感想を持ったらしく、その方向で選ぶことに。

ちなみに、今流行の遮光カーテンじゃないのが良い
という条件が、カーテン選びを面倒にしているのも事実。

「こりゃ、通信販売しか無いかも」

そんなわけで、

「綿 麻 カーテン」
というキーワードで一発ででてくる、

リネンカーテン工房ぷらら

というところの商品をみてみることに。
ダメだったら、さっさと違うところを
探そうと思っていましたが、

サンプルを提供している(僕は請求しませんでしたが)
 説明がわりと丁寧
  送料が無料(本当に今だけなのかは分かりませんけど)
   などなど

あとは、製品に自信がありそうな雰囲気が
伝わってきたので(重要ですよね)
頼んでみました。
料金が変わらない、ぎりぎりのところまで
生地を使ってもらってます。

届いたのは、想像した通りのものです。

よく、綿麻の服とかあるじゃないですか。
まさに、あんな感じの肌触りです。
自然なよれがあって。

きっちりとした、ヒダヒダのあるカーテンを
ご所望なら、これは向かないですね。

タイトルに書いた、
素材良し、色よし、価格良しというのは、
もちろん、「自然素材のカーテンの中では」
という条件付きです。

他にも、色々見てみましたけど、
この条件の中では、現在ダントツかなと。



banner_03.gifこの手のカーテンは意外に選択肢が少ないってとこに気付いた今日このごろ



posted by ろびんいちごー at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 先端技術・新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa