2014年05月01日

オーブンレンジを慌てて購入したら、ビックカメラオリジナルだったことに気付いた

三菱の1998年製電子レンジ(オーブンレンジ)、
よく働く、いいレンジだったんですが、
「あたためスタート」ボタンが上手く押せなくなり
(十回に一回の割合位で作動)

「スイッチを梅澤無線(札幌では、数少なくなった電子パーツ屋さん)
 行って買ってくれば、何とかなるかも?
 でも、電源部の感電が怖いなぁ」

と、躊躇しているうちに、エラーコードを吐いて
お亡くなりに。

今回は、時間的な余裕がなく、予算にも余裕がないという
ナイナイ尽くしの状態なので、
たいして下調べせず、奥さんの直感パンチ頼りでビックカメラへ
行ってきました。

三菱の今まで使っていたモデルが、けっこー使いやすかったので
三菱のモデルを探してみたんですが・・無いですねあせあせ(飛び散る汗)

予算二万円台だしなぁ。

日立、シャープなんかもみていたのですが

奥さんが、見ているうちに、「ターンテーブルは要らないな」
ということで、旧モデルと思われる日立製が却下になり

ヘルシオを買ったウチの実家が、「使いづらい」と
いつも言っているので(ま、マニュアルを読まない人達だから)
シャープを選択肢から外すと

消去法で、Panasonic

で、予備知識のないまま、とりあえずターンテーブルが無く
持ち手を持って、動かした感触が良い感じの
NE-BKM400ってのを買って帰りました。


Panasonicのサイトを見ると、あれま、存在せず。

「ビックカメラ×コジマ×ソフマップ オリジナルモデル」
ということらしいです。

ちなみに店頭だと、税込みで23,544円ということで
通販より安い価格設定になっているらしい。

なぜでしょうexclamation&question

さて、となると元になったモデルが在るはずだ
って事になりますが、どうもNE-M266てのが、元になったらしいです。

寸法、重量などが「確かにexclamationおなじ」

ただし、メニュー構成が違っていまして
「お弁当あたため」が、買ったモデルにはありません。
そのかわりに、違うメニューが追加になっていますが。

実際、無くても困らないと言えば困らないんですが
なぜ、こんな英断(無謀とも言う)を下したのだろう。
売るときの、マイナス要因しか思い当たりませんが。

さて、元になったモデルがわかったところで
早速

http://kakaku.com/

のNE-M266のレビューを見てみると、
底にシワがあるそうです。

「どれどれ」と思って、早速、据え付けたレンジの底を
見てみると

「おっと、ありました」
ケーブルが走っているような独特のシワが。

これで、「元は本当に同じなんだなぁ」と確認できたところで
満足満足。

シワがあっても特に困らないし、
直接眼に入るところでもないし
(クリーントレーという部品を付けると全くみえなくなる)

ちゃんと動いてくれれば、まあ、いいや。

使っていて「へぇ〜」と思った点が二点。

1出来上がりの温度設定ができること。
 今までは出来なかったので、これはちょっと意外な機能。

2加熱が終わっても、しばらく音がすること。
 なんだろな、と思っていたら、電気部品を冷却するために
 ファンが回っているそうな。


なんといっても
時間がダイヤルで設定できる。

前のモデルもこれですが
慣れると、これが操作しやすくて良いですねー。

ターンテーブルはありませんが、今のところ
ムラもなく、いい感じで出来ているので
オッケーとします。


banner_03.gif値段を考えるとかなり良いのでは?



posted by ろびんいちごー at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 家電・オーディオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa