2014年03月26日

おいしいパスタってどんなだろう

最近は、まったく行きませんが
スパゲッティ専門店なんかに行って食べると
「確かにね、美味しいよね」って思ってました。

・・でも、感動するほどでも無かったような。

で、スパゲッティのチェーン店に行って食べると
大体、絶句し、
「これは、無いわぁ」って心のなかで思うことがほとんど。
ドイツ語でいう「ナインナインナイン・・」の状態。

・・ドイツ語喋れないけど。

そもそも、チェーン店のレベルより、
安くて美味しいパスタをつくる方法を
知っていますし。

まず、パスタは「バリラ」の1.4を買ってきます。
ソースは「青の洞窟」を買ってきます。

そこで、「えー」とか「なにそれ」と言われましても


パスタを茹でるお湯はたっぷりで、塩もたっぷりです。
食感というよりは、下味を付けるという感じ。

食感を変えるには、以下のぐらいやらないとダメらしい
オキテ破りのワザA
塩分2.5%でゆでれば新次元の食感になる!

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20131009.html

ソースはレトルトなので、てきとーに茹でつつ熱ーくします。
パスタは、まだ芯があるなぁーという状態で火を止めます。

なぜ、芯がある状態で止めるか。

それは、僕がモタモタするからです。

皿を用意し、
スパゲッティを湯から出し、
ソースをかけている間に

あらまびっくり

あっという間に時間が経っているではありませんか。

個人的なお気に入りは「青の洞窟」の「ボンゴレビアンコ」
ですが、
好みがありますからね。

「バリラ」と「青の洞窟」という
僕の中の黄金の組み合わせを崩すべく
色々試したのですが、これがなかなか難しい。

けっこーハッタリのきいた商品名のソースを
買ってきても、その味の大したこと無いレベルに
バッタリです。

という訳で、
ソース「青の洞窟」は、今のところ不動の位置です。

パスタの方は、イタリア直輸入らしいバリラ以外の
銘柄を試してみましたが(1886年からの伝統?)

食べた感覚は、「細いうどんみたい」でした。
いや、うどん大好きですよあせあせ(飛び散る汗)
でも、なぜ、パスタの食感がこのようになっているのか
皆、納得しているのか。
うーん。謎だ。

諦めかけていた時に、パスタがたまたま無くなり
セブンイレブンで
「コシがあり歯切れよい食感のスパゲッティ」
名前長過ぎるゾ。

を買って試してみたところ
バリラと、かなりいい勝負ができる食感なのです。

正直、
「また、セブンプレミアムかぁ」
と思わなくもないのですが、

美味いし、しかも安いときてますからね。









banner_03.gif他社にもそろそろ本気を出してもらわないと



posted by ろびんいちごー at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋菓子・和菓子・食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa