2013年12月06日

マンションのネット環境を無線化してみた

今更?あせあせ(飛び散る汗)

という気もしないことも無いんですが
我が家に、タブレット型端末が、
ひょんなことから仲間入りしてきたことで
有線だけでは、不足することになってしまいまして。

子供の、口癖が
「Wi-Fiにしましょう」
だったこともありますし。

ウチのマンションのネット環境は、UCOM系(だったはず)で
解説書を読む限り、今のスイッチングハブを
Wi-Fiルータに入れ替えるだけで、
それだけで、Wi-Fi化できるようです。

なんだ、簡単じゃないですか。

まずは、Wi-Fiルータ選びですが。

メジャーなところでは、
NEC、バッファロー、アイ・オー・データ機器が
あるようです。

NECが、評判良いようですが、
ここは、個人的な経験による
「いままで、バッファロー製品を買って失敗したことがない」
に従って、行動することにします。

ココらへん、ひとそれぞれでしょうが。

増設メモリ、ハードディスク、
果ては、テレビフィルターまで、バッファロー製だったような
気がします。

アイ・オー・データ機器のハードディスクが調子悪く
なってしまったこともあり、余計バッファローに傾く今日此頃。

ま、雑誌で、プリンタバッファの名称公募して、
「バッファロー」という名称が生まれた経緯も
みていたりするから、若干思い入れもあるかも。

で、製品選択です。

なにせ、買ったことのない類の製品ですから、
ここは慎重に、

http://kakaku.com/
http://www.amazon.co.jp/

のレビューをしっかり吟味するのですが、
さて、困った。

バッファロー製品、評判が悪いバッド(下向き矢印)

うーん。

製品ページを見て、「良さ気かな?」と
思ったものに、トラブル報告があったりすると
・・萎えます。

そこで、もう一回、ウチで必要なスペックを
考えてみると。

マンションで、一フロアーだから、

 1そんなに電波が強くなくても良い
 2接続が簡単そうなのが良い
 3有線も無線も行けるのが良い
 45GHzは、本当に必要なのだろうか
 5で、値段が手頃


 バッファロー WHR-300HP2 無線LANルータ(11n/b/g 300Mbps・親機単体)
あまりネガティブな評価がないバッファローの
これになりました。


次に、設置ですが。

ハードの設置に若干時間を取られるくらいで、
驚異的な、簡単さです。

まず、とりあえず設置スペースをつくり
マンションであれば、各部屋に分配しているスイッチングハブが
あるので、そこからケーブルをぶちぶちと全部はずします。
それから、マンションに来ている側(根元)をINTERNET端子につなぎ
Wi-Fiだけなら、あとは電源接続。

なんでしょう、この簡単さ。

あとは、PCなりタブレット端末なりを立ち上げて
多分、最強の電波を発している機器をSSIDでみつけて
暗号化キーを設定しておしまい。

なんだー
AOSSの出番なんかないくらい簡単。

電波状態は「非常に強い」を維持しますよ。猫

メーカーでは、WHR-300HP2を非力な部類に分類しているようですが
そんなことはありません。

口コミの評価が高いのは、伊達ではないのです。

ま、僕が威張ることではありませんが・・


banner_03.gifWi-Fi化完了



posted by ろびんいちごー at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 先端技術・新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa