2006年12月12日

瞬間日記〜チューブワームの世界

チューブワーム・・知っているひとは知っている
のかもしれませんが。

NHK『科学大好き土よう塾』を見ていたら、
深海の話をしていて、LEDのように光が走る
クラゲ(?)とか、変り種の生物を紹介していました。

そこで、でていたのがチューブワーム

『硫化水素やメタンなどを栄養』にしているという
『化学合成群集』という生物なのだそうで。

http://www.paleo-fossil.com/research/chemosynthetic/chemowhat/chemowhat.html

ここまでくると、生物ってなんでもアリなんだなぁふくろ
としみじみ思ってしまいます。

番組では、口もないし消化器官もないと言ってました。
深海だから、光も届かない。だから光合成もできない。

こんな生物が存在するなら「エウロパ」に生物がいるかもしれない・・モバQ
と言われても「そうかも」と思えます。

http://www.jamstec.go.jp/opedia/Docs/desc.pl?doc=21

最近は、こども番組の方が発見が多くて、ドラマや映画よりも
良く観てますねぇ。



ついでに・・「キリン 深海鮫エキス」だそうです。
なにに使うのかいまいち分かりません。あせあせ(飛び散る汗)




banner_03.gifこの歳になると映画やドラマで意外な展開を観たり発見をすることも少ないし

posted by ろびんいちごー at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 妙なモノ・不思議なモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa