2006年12月03日

無関係にも関わらず「ろくろ倶楽部」の売上が気になる

ガイアの夜明けという番組で
ジリ貧(言い過ぎ?)のタカラトミーが打った一手が
「ろくろ」っつーことで紹介されていたわけです。

本物の「ろくろ」自体そーとー高いらしくて
そこを安価に手軽におもちゃメーカーの我社が
提供しましょ。

・・と目のつけどころは流石なんですが
「注目されるんだけど、売れないよー」
まぁ、そういう話でした。

でも、amazonの2006年11月30日ヒット商品をGoogleの
キャッシュでみると
「ろくろ倶楽部専用絵付けセット」が「おもちゃ&ホビー」で
13位になってました。

この商品が売れているということは本体が確実に
売れていると言うことですね。

いやーよかったよかった。(関係ないけど)
で、この商品のすごいところは
本体が売れることで、関連商品も売れることです。

・・プリンタとインクの関係みたいに。

まず、本体。


そしてこれが関連商品の数々。特に説明は付けませんが。
 
 
 

いやぁ、商売上手。

で、話は戻って、何故売れなかったこの商品が
売れるようになったのでしょう。

・・って番組見た人は知っているんですが。

おもちゃにしては、確かに高額だし、
ふつーそう簡単には売れません。
「どーしよーあせあせ(飛び散る汗)
そんなときに
「ホームセンターでコンスタントに売れてます猫
「なにーどんっ(衝撃)」(ちょっと演出しましたが)

ヒントはホームセンターにあったようです。






banner_03.gifホームセンターのひとは「おもちゃ」としては見ていないそうです


posted by ろびんいちごー at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 妙なモノ・不思議なモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa