2006年08月06日

瞬間日記〜俳優の特技が生きた映画は良い映画になる・・気がする

遅ればせながら、
「スウィングガールズ」観たけど、いいねー。

なにがいいって、出演者がちゃんと楽器を弾いている
(少なくともそう見える)のがいい。カチンコ

音は、まあ後であてるにしても、指使いが素人でもわかる
ウソばっかりだったりするとたらーっ(汗)
ものすごーくがっかりする口なので。

同じようなことで、和弓を引き分けるときに
押手(左手)がぷるぷる震えている俳優とかみると
「まっすく飛ぶかい」と思ふ。爆弾


で、上野樹里という子が主人公やっていたんですが
そーとーホンモノ度が高い。

すごいなー
・・と思ってプロフィールをみると、
特技「テナーサックス」だって。

ホントにホンモノさんでしたか。決定

でも、自分的には初めて観たわけではないらしい。
なぜなら、

連続テレビ小説「てるてる家族」(三女 秋子役)
として出演していたらしいのだ。
これは、夫婦で唯一、本気で見ていた連続テレビ
小説なので(後にも先にもこれっきり)
確実に脳裏に焼き付いているはずなんだが。

しかも、
「笑う大天使」に史緒役で出演していただなんて・・。

またしても、僕がどっぷりと漬かってしまった
世界に登場ですか。
史緒は、たしか・・
「走って新聞配達をして家計を助けていた」設定なので、
もうひとつの特技「陸上」も
生きてきますな。

うーむ、これは勝手に応援しなければなりますまい。ふくろ

がんばれ〜

【管楽器入門セット】Kaerntner 《カーブド・ソプラノ・サックス》KSX86【13点入門セット】『即...
入門セットだって。ちょっと安すぎる点が気になるが・・


banner_03.gif上野樹里の隣で準主役級だった子もいい感じだったなぁ


posted by ろびんいちごー at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 瞬間日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa