2010年09月19日

iPS細胞 やっとわかった気がする

NHKスペシャルでやるぞexclamationという告知が出て
これだけは、見とかねば・・という訳で
待ち構えていたんですが
観れました。

発見者の山中教授
こういう話題にうってつけの立花隆氏
常識派の国谷キャスターという

問題ないというか、完璧な人選。

iPS細胞ってのは
皮膚とか、肝臓になってしまっている細胞に
山中ファクター(遺伝子で本当にいいのか?)を
組み込むことで、細胞が逆戻りする
というか、初期化される。
 皮膚細胞が、くるっと、丸い形に変わってました

というのが、初めて分かった。
あれ?なんで、こんな根本的なことわからないでいたんだろあせあせ(飛び散る汗)
と、ちょっと唖然。

で、豚の体内で人間の心臓を創り上げることができる可能性
っていうのは、前から知っていて、単純にいけいけ〜と
思ってたんですが、

これって、キメラができるということだったんですね。
豚と人間のね。

あー、ここすっぽり抜け落ちてました。

それでも、立花氏は、基礎研究はどんどんいっちゃえ派の
立場を表明してました。
国谷さんは、いろいろなものが生まれる可能性を想像して
「それは、ちょっとバッド(下向き矢印)」派になってましたな。

それでも、
研究は立ち止まれないし、立ち止まったときには
他国に、関連技術を全部押さえられた状況に陥っちゃって
ここからの派生技術がまったく使えなくなるんだろーな
と想像できちゃうんですね。
あるいは、高い金を出して、他国から技術の使用許可をもらうか。

患者がみんな、金持ちだったら、
それも、ありかもしれませんが。

で、iPS細胞の、もっとも直近の使い方は
実は、体外での、「人体部品の実験ができちゃうこと」
ってのが、番組観ていて、よーくわかりました。

とりあえず、
「すご〜く、解った気になっている」自分がいます。


banner_03.gifちょっと、クローズアップ現代っぽい、スペシャルになってました




posted by ろびんいちごー at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa