2017年01月25日

口内炎治療の塗り薬は、個人的にケナログが最強ではないかと思う

口内炎って痛いですよね。
で、そのとき塗る薬のはなしを書こうと思ってたんですが。

最近、思ったんです。
口内炎ってどういう時出来るか。

僕の場合、
口を思いっきり噛む
 睡眠不足になる
  栄養バランスが崩れる

など、重なるとなるパターンなんですが

カロリーメイトを毎日食べていると
なりにくいことに、気付きました。

「過剰に栄養を摂っているから?」

ま、よくわかりませんが、
大塚製薬の回し者ではないことをここに宣言しておきます。

で、不幸にしてなってしまったとき
どうするか?

もう、これは
「ケナログ 口腔用軟膏」
これを、塗るしかありません。

主張が偏っている?

いえいえ。
いままで、色々な口内炎治療用の薬を
処方されてきましたが、
こんなに効いた薬はありませんでした。

処方された薬を使い切った時、
途方に暮れてしまいましたが、

同じ名前の薬が市販されていることに気付き・・

その名も、
「ケナログA口腔用軟膏」

うーん。効きそうな名前だ。

効く薬が見つからないひとに
おすすめです。

ブリストル・マイヤーズの回し者でないことも
ここに宣言しておきます。


banner_03.gif治ると忘れる薬のアリガタミ



posted by ろびんいちごー at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

世界戦略SUVもけっこーですが足元のタクシー車両COMFORTを何とかして欲しい

冬の北海道は悪路のオンパレードです。

横断歩道手前から交差点中央にかけて磨き上げられたツルツル路面
コンビニ入り口あたりのツルツル&極端な落差
かと思えば、除雪車が置いていった雪の固まりが連なった列
マンホールの熱で溶けた、雪の道の真ん中にできた落とし穴
などなど

そんなところを走るわけですから、
ドライバーたる者、気を抜けません。
気付いたら、穴に片輪落ちていたりする。

で、そんなところを多分昔々つくられたタクシー車両
その名を「COMFORT」
が走るわけですから。

横断歩道手前からタイヤをキュルキュル鳴らして
交差点中央まで走っているクルマがいるなと思ったら

COMFORTだったり

盛大に左右にブンブン振られているクルマがあるなと思ったら

COMFORTだったり

「うわ〜。これ振動ガツガツ来るな」と思って乗ってたら

COMFORTだったり(この時は知ってた)

そんな車輌で、無茶な運転をするわけですから
「ちょっと、事故ったら、ただでは済まないな」
と思いながら、後ろの席に乗っていたりします。



同じタクシーでもプリウスだと、こんなショックの伝え方を
しないから、もうこのクルマ限界なんじゃないですかね。

FFでも、FRでも、同じ路面で
ここまでタイヤを空転させたまま走らせているのを
見たことないですから。

ほんとに、時代に取り残されているレベルなのかもしれません。


もう、この際
プロボックスとかカムリをベースに
モデルチェンジしてみてはどうでしょうか?


トヨタの偉い人。

banner_03.gifCOMFORTってどういう意味でしたっけ?



posted by ろびんいちごー at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマ・カーオーディオ・カーアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする