2016年11月16日

パイロットDr.GRIP4+1のシャープペンシルの芯が出てこない時

まぁ、ちょっと途方に暮れてた訳なんですが。

三色ボールペンを買おうと思って書店の文具コーナーを
パイロットの「フィードリフテック」を探して。
うろうろしていました。

でも、今、パイロットのウリはコレじゃないんですね。
店頭に全然ない。💤
パイロットのホームページにはフツーに載っているので
無い訳はないんですが、あんまり売れないのかなー。

個人的にパイロットの筆記用具が自分に合っているようなので
(適度な重さが理由かも・・)
パイロットの多色ボールペンを物色。


そこで、パイロットDr.GRIP4+1ってのを買ってみました。
「アクロインキ」というのがウリだそうで、
書いた感じでは、極端な性格でもなさそうなので問題ないかと。

シャープの芯がどのように出てくるのか、
店頭では理解できていませんでしたが。

ウチに帰ってから、シャープの芯を出そうと思って。
クリップをスライドさせてみた。
(まぁ、ここまではできました)

で、・・・・?

この後がわかりません。
「シャープはクリップをスライドさせノックすると芯が出ます」

このとき、どこをノックすれば良いか解らなくなってました。
主語がクリップだから、ノックするのもクリップなんでしょ?
あれ?クリップは目的語?
とか、言われそうですが。

でも、まぁ、その前にボールペンがセロハンで保護されているのに
気付き(さすが、高いボールペンは違うと感心)
パイロットのPDFを確認して、真相を理解しました。

しかぁし、やっぱり出てこない。

そのとき、これが自由に試し書きできるところに置いてあることを
思い出しました。

「もしかして、試して、芯詰まらせてるんじゃ・・」

ちっちっち。僕だって、
だてに長く生きてはいませんよ(えばれることじゃないが)

シャープペンシルの芯づまりなら、シャープペンシルに
付いている金属棒が使えるハズ・・・

着眼点は良かったのですが、
時は無情にも流れているのです。

今時のシャープペンシルには、そんなもの
一切ついていないのでした。

「昔は、良かった」


などと、言っていても解決しないので
ソーイングセットを取り出し、グリグリ攻撃です。

かなり、突っ込んでがちゃがちゃやっているうちに、
ノック動作を取り戻し、中の折れた芯がちょっとづつ
出てきました。

勝利の手応え。

「ありがとう、ソーイングセット」
と、一度も本来の仕事をさせていない
ソーイングセットに感謝をして、

これだけ時間を掛けて、シャープペンシルの
芯が出てきただけ・・という結果に。

気付く


banner_03.gifシャープの出来はどうなんでしょう。



posted by ろびんいちごー at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 先端技術・新製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする