2015年10月29日

php javascriptで使うあんな環境こんなツール

phpやらjavascriptやらで、細々とつくってました。
別に、どこかに篭ってた訳ではないですが・・💤

自分の思った通り動かないと、なかなかシンドイものですね。

○エディッタのおすすめ

ちょっと前までは、TeraPadを使っていて、これはこれでなかなか
イイモノなんですが、開発をするときに、「痒いところに手が届く」的な
更なる支援をしてくれるエディッタがあります。
Mery (メリー) です。

色々なところが良く出来ていますが、僕が良く使うのが、
編集するときに、タグやコメントなど機能によって色分けしてくれる上に
印刷すると、そのままカラーで印刷されるところです。

これは、いい。

つくっているうちに、段々頭がぐちゃぐちゃになってきて、紙で見直すとき
「何がどうなっていたっけ?」
となることがありません。

もうひとつは、括弧の対応を教えてくれる機能です。
phpやらjavascriptを使っていると、if文のなかのfor文があって、その中で
関数呼んで変換掛けてとか・・・括弧の組み合わせが凄いことになっていますが

ま・・コーディング見なおせば?ってごもっともな話もありますが。

例えば、( にカーソルを位置づけると、対応する ) が太文字になって
対応を示してくれるのです。

もう、括弧を閉め忘れて、怒られることもありません。
ふっふっふっ

しかも、遠いところ、functionのはじめの { と 最後の } でも大丈夫。
画面を分割表示してあげても、ちゃんと表示してくれるのです。

傑作ですな。

○フォントはけっこー重要です

TeraPadには「VL ゴシック」、Meryには「Osaka」を設定しています。
コードをつらつらと紀貫之のように、書くのに適しているのは、
個人的には「VL ゴシック」かなと思いますが、
「Osaka」もなかなかいい味です。
ということで、別々の設定をしています。

どちらも、可読性が高くてスンバラシイ。

「RictyDiminished」なんかも、人気あるようですが、僕の環境では
上手く表示してくれないので、断念しました。

○javascriptが苦手な人に

僕は、javascriptがどちらかと言えば、苦手です。
だからと言って、phpが得意と言っているわけでは断じてありません。

なぜなら、phpは優しい(「易しい」じゃないですよ)ので
エラーがあると、親切にエラーを出して、行まで教えてくれます。

javascriptは冷徹なので、気に入らなければ知らんぷりで
動きません。

・・そうなんです。気付いたら動いてなかったりするのです。

そんなことで、くじけたくない貴方へ。
このURLを贈ります。

http://jshint.com/

自分のコードを、ここに貼り付けてみてください。

「ほーら、コンナニ沢山のWarnings」

文法間違いだけじゃないですよ。
あんなことや、こんなことまで指摘してくれます。

これで、javascriptが立ち塞がっても、
前を向いて歩んでいけますね。
(怪しい宗教じゃありません)

じゃ、こんなところで。



banner_03.gifこーでぃんぐ、それはイバラの道



posted by ろびんいちごー at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 開発(Eclipse/swt/java/javascript/php/HTML) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする